Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

フルオロキノロン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

フルオロキノロン系は抗菌薬のクラスの1つであり、様々な種類の感染症の治療に使用されます。

フルオロキノロン系薬剤としては以下のものがあります。

  • シプロフロキサシン

  • ガチフロキサシン

  • ゲミフロキサシン

  • レボフロキサシン

  • モキシフロキサシン

  • ノルフロキサシン

  • オフロキサシン

フルオロキノロン系薬剤は経口で投与できますが、静脈内に投与できるものや点眼薬として投与できるものもあります。

フルオロキノロン系薬剤は、細菌内のDNAを阻害することによって作用し、細菌を死滅させます。

icon

フルオロキノロン系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

シプロフロキサシン

ガチフロキサシン(眼の感染症のみ)

ゲミフロキサシン

レボフロキサシン

モキシフロキサシン

ノルフロキサシン

オフロキサシン

前立腺の細菌感染症(前立腺炎

特定の細菌による下痢

胃腸症状と下痢*

吐き気

神経過敏、振戦(ふるえ)、けいれん

腱の炎症や断裂

*ほぼすべての抗菌薬がクロストリジウム・ディフィシル関連下痢症や大腸炎(大腸の炎症)を引き起こす可能性がありますが、その頻度が最も高い抗菌薬はクリンダマイシン、ペニシリン系、セファロスポリン系、およびフルオロキノロン系です。

重篤な不整脈を起こす可能性が高い人(QT延長または心拍数の低下がみられる人、QT延長や心拍数の低下を引き起こす薬剤を使用している人、カリウムやマグネシウムの血中濃度が低い人など)では、医師はフルオロキノロン系薬剤の使用を避けます。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のフルオロキノロン系薬剤の使用

フルオロキノロン系薬剤を妊娠中に使用することは推奨されていませんが、ときに治療による効果がリスクを上回る場合があります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中のフルオロキノロン系薬剤の使用は推奨されません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP