Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ニトロフラントイン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ニトロフラントインという抗菌薬は、尿路感染症の予防または治療のためだけに使用されます。ニトロフラントインが作用する仕組みは解明されていません。

ニトロフラントインは経口で服用します。

icon

ニトロフラントイン

一般的な用途

主な副作用

吐き気と嘔吐

手足のしびれやチクチク感(末梢神経障害)

G6PD = グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症。

医師は腎臓の機能が低下している人にはニトロフラントインを投与しません。ニトロフラントインは、グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症(G6PD欠損症)の人に使用してはいけません。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のニトロフラントインの使用

ニトロフラントインは、分娩が近づいているときや、陣痛中や分娩中には妊婦に使用しません。この時期に使用すると、新生児の赤血球に損傷を与えたり破壊したりして、溶血性貧血につながることがあるためです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

ニトロフラントインは、授乳開始後最初の1カ月間は使用してはいけません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP