Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

テリスロマイシン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

テリスロマイシンは、ケトライド系と呼ばれるクラスの抗菌薬に属しています。

テリスロマイシンは重篤な副作用が生じる可能性があるため、一般的に、他の抗菌薬が入手できない場合や使用できない場合にのみ使用します。

テリスロマイシンは、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

テリスロマイシンは内服薬として使用され、食事と一緒に服用することも、空腹時に服用することもできます。

icon

テリスロマイシン

一般的な用途

主な副作用

備考

軽度から中等度の市中肺炎

視覚障害

肝傷害(致死的となる場合がある)

重症筋無力症の患者には使用しない(致死的な呼吸不全が生じる場合がある)

テリスロマイシンは18歳以上の患者の治療にのみ推奨されています。不整脈が起きる可能性があるため、テリスロマイシンはピモジド(抗精神病薬)と併用しません。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のテリスロマイシンの使用

妊娠中にテリスロマイシンを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

テリスロマイシンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP