Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

テトラサイクリン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

テトラサイクリン系は、様々な細菌感染症の治療で使用される抗菌薬のグループです。

テトラサイクリン系薬剤としては以下のものがあります。

  • ドキシサイクリン

  • ミノサイクリン

  • テトラサイクリン

テトラサイクリン系薬剤は通常、内服薬として使用され、細菌が増殖するのに必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

テトラサイクリン系薬剤は、アルミニウム、カルシウム、マグネシウム、または鉄を含有する製品と一緒に使用してはいけません。そのような製品としては、一部の制酸薬や、多くのビタミンやミネラルのサプリメントがあります。

テトラサイクリン系薬剤は空腹時に服用する必要があります。食物(特に牛乳、ヨーグルト、チーズやアイスクリームなどの乳製品)によって薬剤の吸収(投与後に薬が血液中に移動すること)が低下するためです。

ミノサイクリンとドキシサイクリンは、食物によって吸収が低下しないため、食事と一緒に服用することも、空腹時に服用することもできます。

icon

テトラサイクリン系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

ドキシサイクリン

ミノサイクリン

テトラサイクリン

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)など、他の抗菌薬に耐性のある細菌による皮膚感染症

胃腸障害

日光過敏

胎児(妊娠の後期に用いた場合)や小児(8歳未満)における歯の色素沈着

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のテトラサイクリン系薬剤の使用

妊娠中の女性はテトラサイクリン系薬剤を服用してはいけません。これらの薬剤は胎児の歯と骨の発育に影響を及ぼす可能性があり、妊娠の後期に用いた場合、胎児の歯に恒久的な色素沈着を生じさせることがあります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中のテトラサイクリン系薬剤の使用は通常勧められません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP