Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

チゲサイクリン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

チゲサイクリンは、グリシルサイクリン系と呼ばれるクラスに属する唯一の抗菌薬で、テトラサイクリン系と関連しています。

チゲサイクリンは、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

この薬剤は、テトラサイクリン系薬剤に耐性をもつ細菌を含め、多くの耐性菌に対して効果があります。しかし、チゲサイクリンを使用した場合の死亡リスクは、他の抗菌薬と比べて高くなります。そのため、チゲサイクリンは他に代替薬がない場合にのみ使用されます。チゲサイクリンは静脈内に投与します。

icon

チゲサイクリン

一般的な用途

主な副作用

合併症を起こした腹腔内および皮膚感染症のうち、大腸菌 Escherichia coli、黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus(メチシリン耐性菌[MRSAなど]を含む)、嫌気性細菌(生きるのに酸素を必要としない細菌)など特定の細菌によるもの

胃腸障害

日光過敏

胎児(妊娠の後期に用いた場合)や小児(8歳未満)における歯の恒久的な色素沈着

他の抗菌薬より死亡リスクが高い(そのため、ほかに代替薬がない場合にのみチゲサイクリンを使用する)

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のチゲサイクリンの使用

妊娠中に使用した場合、テトラサイクリン系薬剤と同様に、チゲサイクリンは胎児の歯と骨の発育に有害な影響を及ぼす可能性がありますが、治療による効果がリスクを上回る場合もあります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

チゲサイクリンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP