Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ダプトマイシン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ダプトマイシンという抗菌薬は、グラム陽性細菌によるものなど、多くの重篤な感染症(他の多くの抗菌薬に耐性をもつものも含みます)の治療に使用されます。

ダプトマイシンは、細胞が増殖するのに必要な遺伝物質とタンパクを作り出すのを妨げることによって作用し、迅速に細菌を死滅させます。

icon

ダプトマイシン

一般的な用途

主な副作用

備考

ほかの病気に合併する皮膚感染症、血流感染症、特定の心臓弁の感染症(心内膜炎)で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)などの細菌が原因と考えられるもの

胃腸障害

筋肉痛と脱力

肺に感染が及んだ場合には使用しない*

*ダプトマイシンは肺ではあまり効果を発揮できず、感染症とは関係のない肺の炎症を引き起こすことがあります。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のダプトマイシンの使用

妊娠中にダプトマイシンを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

ダプトマイシンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP