Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

セファロスポリン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

セファロスポリン系は、ベータラクタム系抗菌薬(ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。ベータラクタム系抗菌薬には、ほかにもカルバペネム系モノバクタム系ペニシリン系などがあります。

セファロスポリン系薬剤は5つの世代に分けられます。それぞれの世代で効果がある細菌の種類が異なります。

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。他のベータラクタム系抗菌薬と同じように、セファロスポリン系薬剤は細菌がこの細胞壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

セファロスポリン系薬剤はペニシリン系薬剤と構造が似ているため、ペニシリン系薬剤に対してアレルギー反応を起こす人の一部は、カルバペネム系薬剤に対してもアレルギー反応を起こします。

icon

セファロスポリン系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

第1世代

セファドロキシル

セファゾリン

セファレキシン

感染予防のために外科的処置の前に投与

胃腸症状と下痢*

吐き気

アレルギー反応(ペニシリンに対するアレルギーがある人ではより可能性が高い)

第2世代

セファクロル

セフォテタン

セフォキシチン

セフプロジル

セフロキシム

一部の呼吸器感染症

セフォキシチン:腹腔内感染症

胃腸症状と下痢*

吐き気

アレルギー反応(ペニシリンに対するアレルギーがある人ではより可能性が高い)

第3世代

セフジニル

セフジトレン

セフィキシム

セフォタキシム

セフポドキシム

セフタジジム

セフチブテン

セフトリアキソン

経口投与:皮膚・軟部組織感染症を含む軽度から中等度の感染症(様々な細菌に幅広い効力を有する)

注射:重篤な感染症(髄膜炎院内感染など)

胃腸症状と下痢*

吐き気

アレルギー反応(ペニシリンに対するアレルギーがある人ではより可能性が高い)

第4世代

セフェピム

重篤な感染症(シュードモナス感染症など)、特に免疫機能の低下がみられる場合や、他の抗菌薬に耐性をもつと考えられる細菌による感染症の場合

胃腸症状と下痢*

吐き気

アレルギー反応(ペニシリンに対するアレルギーがある人ではより可能性が高い)

第5世代

セフタロリン

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)やエンテロコッカス・フェカーリスなどの細菌による感染症

胃腸症状と下痢*

吐き気

アレルギー反応(ペニシリンに対するアレルギーがある人ではより可能性が高い)

*ほぼすべての抗菌薬がクロストリジウム・ディフィシル関連下痢症や大腸炎(大腸の炎症)を引き起こす可能性がありますが、その頻度が最も高い抗菌薬はクリンダマイシン、ペニシリン系、セファロスポリン系、およびフルオロキノロン系です。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のセファロスポリン系薬剤の使用

セファロスポリン系薬剤は、妊娠中に使用できる最も安全な抗菌薬の1つですが、それぞれの薬剤は少しずつ異なり、副作用も異なる場合があります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

セファロスポリン系薬剤は乳児の消化器に影響を与える可能性があるため、授乳期間中の使用は勧められません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP