Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

スルホンアミド系薬剤

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

スルホンアミド系は、多くのグラム陽性細菌グラム陰性細菌に効果的な抗菌薬のクラスです。スルホンアミド系薬剤の中には、熱傷や皮膚、腟、眼の感染症を治療するために、皮膚に直接塗るもの(外用薬)もあります。

スルホンアミド系薬剤としては以下のものがあります。

スルファメトキサゾール(SMX)は一般的にトリメトプリム(TMP)との配合剤で使用されます。この組合せはTMP/SMXと呼ばれます。

スルホンアミド系薬剤は、細菌が増殖するのに必要な葉酸の一種を作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

スルホンアミド系薬剤

薬剤

一般的な用途

主な副作用

マフェニド

スルファセタミド(sulfacetamide

スルファジアジン銀

スルファメチゾール

サラゾスルファピリジン

スルフイソキサゾール

尿路感染症(サラゾスルファピリジン、スルファセタミド[sulfacetamide]、マフェニドを除く)

サラゾスルファピリジン:炎症性腸疾患

スルファセタミド:眼の表在性感染症

マフェニドおよびスルファジアジン:熱傷(やけど)に対する局所使用のみ

トリメトプリム/スルファメトキサゾール:メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)など、他の抗菌薬に耐性のある細菌による皮膚感染症

吐き気、嘔吐、下痢

アレルギー(発疹を含む)

尿中結晶(まれ)

白血球数と血小板数の減少

日光過敏

ワルファリンと併用すると出血が起こりやすくなる可能性あり

G6PD欠損症の人(表「貧血の主な原因の詳細」を参照)では、赤血球の分解

G6PD = グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のスルホンアミド系薬剤の使用

妊娠中にスルホンアミド系薬剤を使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。ただし、出産予定日が近い場合には使用してはならず、これは、その時期に使用すると、新生児に黄疸が生じることがあり、重度の場合は脳の損傷(核黄疸)につながる場合があるためです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

スルホンアミド系薬剤は、授乳期間中に使用してはいけません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP