Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤としては以下のものがあります。

  • ダルババンシン(dalbavancin)

  • オリタバンシン(oritavancin)

  • テイコプラニン

  • テラバンシン(telavancin)

  • バンコマイシン

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系の薬剤は、細菌がこの細胞壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

icon

妊娠中や授乳期間中のグリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤の使用

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP