Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤は、合併症を伴う感染症や重篤な感染症のうち、グラム陽性細菌によって引き起こされたものの治療に使用される抗菌薬です。

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤としては以下のものがあります。

  • ダルババンシン(dalbavancin

  • オリタバンシン(oritavancin

  • テイコプラニン

  • テラバンシン(telavancin

  • バンコマイシン

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系の薬剤は、細菌がこの細胞壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

icon

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

ダルババンシン(dalbavancin

静脈内注射による投与:ほかの病気に合併する皮膚感染症で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)などの細菌が原因と考えられるもの

胃腸障害

オリタバンシン(oritavancin

静脈内注射による投与:ほかの病気に合併する皮膚感染症で、MRSAなどの細菌が原因と考えられるもの

胃腸障害

頭痛

テイコプラニン*

重篤な感染症、特にMRSA、腸球菌、または他の抗菌薬に対する耐性をもつ細菌によるもの

アレルギー反応

腎障害

難聴と聾(ろう)

血小板数と白血球数の減少

顔、首、肩の紅潮やかゆみ

テラバンシン(telavancin

重篤な感染症、特にMRSA、腸球菌、または他の抗菌薬に対する耐性をもつ細菌によるもの

胃腸障害

金属味

泡状の尿

腎障害

めまい

血小板数の減少

顔、首、肩の紅潮やかゆみ

バンコマイシン

重篤な感染症、特にMRSA、腸球菌 Enterococcus、または他の抗菌薬に対する耐性をもつ細菌によるもの

顔、首、肩の紅潮やかゆみ

腎障害

難聴

白血球数と血小板数の減少

*テイコプラニンは現在、米国では使用できません。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のグリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤の使用

グリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤を妊娠中に使用することは推奨されていませんが、ときに治療による効果がリスクを上回る場合があります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中のグリコペプチド系およびリポグリコペプチド系薬剤の使用は勧められません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP