Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クロラムフェニコール

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

抗菌薬の一種であるクロラムフェニコールは主に、他の抗菌薬に耐性をもつものの、クロラムフェニコールに対する感受性のある少数の細菌による重篤な感染症の治療に使用されます。この薬剤は、骨髄で血球が作られるのを妨げ、血球の数(血球数)を大幅に減少させるため、使用が制限されています。

クロラムフェニコールは、細菌が増殖するのに必要な遺伝物質とタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

クロラムフェニコール

一般的な用途

主な副作用

腸チフスや他のサルモネラ感染症

まれに血球数の大幅な減少(このため、この薬剤はほかに安全な薬剤がない場合にのみ使用する)

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のクロラムフェニコールの使用

妊娠中にクロラムフェニコールを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。クロラムフェニコールは、しばしば死に至る重篤な副作用であるグレイ症候群を引き起こすことがあります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中のクロラムフェニコールの使用は推奨されません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP