Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

キヌプリスチンとダルホプリスチン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

キヌプリスチンとダルホプリスチンは、ストレプトグラミン系と呼ばれるクラスの抗菌薬に属しています。これらの薬剤は組み合わせて使用されます(キヌプリスチン/ダルホプリスチン)。他の抗菌薬に対する耐性をもつ細菌によるものを含む、重篤な感染症(特に皮膚感染症)の治療に使用されます。

キヌプリスチン/ダルホプリスチンは、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

キヌプリスチン/ダルホプリスチンは静脈内に投与しますが、通常は太い中心静脈(首など)に、もしくは上腕にある静脈から太い中心静脈まで挿入したチューブ(カテーテル)を通して投与します。この種類のカテーテルは、中心静脈カテーテルと呼ばれます。

icon

キヌプリスチン/ダルホプリスチン

一般的な用途

主な副作用

重篤な感染症のうち、他の抗菌薬に対する耐性をもつグラム陽性細菌(ブドウ球菌属 Staphylococcusやレンサ球菌属 Streptococcusの細菌など)によるもの

筋肉痛、関節痛

血液中のビリルビン*の増加

カテーテルが挿入された部位の痛みや腫れ(特に腕や脚の静脈)

*ビリルビンは、赤血球の正常な分解によってできる老廃物です。ビリルビンは肝臓で処理されてから排泄されます。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のキヌプリスチン/ダルホプリスチンの使用

妊娠中にキヌプリスチン/ダルホプリスチンを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

キヌプリスチン/ダルホプリスチンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP