Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

カルバペネム系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

カルバペネム系は、ベータラクタム系抗菌薬(ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。ベータラクタム系抗菌薬には、ほかにもセファロスポリン系モノバクタム系ペニシリン系などがあります。

カルバペネム系薬剤は広域抗菌薬です。つまり、他の多くの抗菌薬に対して耐性をもつ細菌も含めて、多くの種類の細菌に対して効果があるということです。

カルバペネム系薬剤としては以下のものがあります。

  • ドリペネム

  • エルタペネム(ertapenem

  • イミペネム(シラスタチンとの配合剤で投与)

  • メロペネム

カルバペネム系薬剤は注射で投与する必要があります。一部の感染症を治療する際には、しばしばアミノグリコシド系薬剤と併用されますが、これは併用することで両方の抗菌薬の有効性が高まるからです。

イミペネムはシラスタチンとの配合剤で投与します。シラスタチンは抗菌薬ではありませんが、イミペネムが腎臓で分解されるのを防ぐことで、イミペネムの効果を長続きさせます。

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。他のベータラクタム系抗菌薬と同じように、カルバペネム系薬剤は細菌がこの細胞壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

まれではありますが、カルバペネム系はペニシリン系と構造が似ているため、ペニシリン系薬剤に対してアレルギー反応を起こす人は、カルバペネム系薬剤に対してもアレルギー反応を起こします。

icon

カルバペネム系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

ドリペネム

エルタペネム(ertapenem

イミペネム-シラスタチン

メロペネム

腹腔内および尿路感染症

他の抗菌薬に耐性をもつ感受性菌による感染症

シュードモナス感染症(エルタペネム[ertapenem]を除く)

まれに、けいれん発作(イミペネムではリスクがやや高い)

混乱

まれに、ペニシリンに対するアレルギーがある人ではアレルギー反応

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のカルバペネム系薬剤の使用

カルバペネム系薬剤を妊娠した動物に投与したとき、その胎仔に対する有害な影響は認められませんでした。しかし、カルバペネム系薬剤は妊婦を対象とする検証は行われていません。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

カルバペネム系薬剤は母乳に移行し、乳児の腸内の常在細菌のバランスに影響を与える可能性があります。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP