Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

オキサゾリジノン系:リネゾリドとテジゾリド

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

オキサゾリジノン系は、重篤な感染症の治療に、しばしば他の抗菌薬で効果がなかった場合に使用される抗菌薬のクラスです。

オキサゾリジノン系としては以下のものがあります。

  • リネゾリド

  • テジゾリド

オキサゾリジノン系薬剤は、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

オキサゾリジノン系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

リネゾリド

重篤な感染症のうち、他の多くの抗菌薬に耐性をもつグラム陽性細菌ブドウ球菌レンサ球菌などの細菌)によるもの

吐き気と下痢

頭痛

貧血、白血球数と血小板数の減少

手足のしびれやチクチク感(末梢神経障害)

視覚障害

セロトニン症候群(錯乱、興奮、振戦、昏睡)(選択的セロトニン再取り込み阻害薬を併用している場合)

テジゾリド

ほかの病気に合併する皮膚感染症で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA)などの細菌が原因と考えられるもの

胃腸障害

頭痛

貧血および白血球数の減少

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のリネゾリドおよびテジゾリドの使用

妊娠中にリネゾリドやテジゾリドを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

リネゾリドやテジゾリドを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP