Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

アミノグリコシド系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

アミノグリコシド系薬剤としては以下のものがあります。

  • アミカシン

  • ゲンタマイシン

  • カナマイシン

  • フラジオマイシン

  • プラゾマイシン(plazomicin)

  • ストレプトマイシン

  • トブラマイシン

スペクチノマイシンはアミノグリコシド系薬剤と化学構造が類似しており、同様の仕組みで作用しますが、現在、米国では入手できません。

アミノグリコシド系薬剤は、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

これらの抗菌薬は、口から服用しても吸収されにくいため、通常は静脈内に投与します。これらの抗菌薬は通常、多くの種類の細菌に効果がある別の抗菌薬(広域抗菌薬と呼ばれます)と併用されます。

どのアミノグリコシド系薬剤も、耳と腎臓に損傷を与えることがあります。そのため、可能であれば、医師は別の種類の抗菌薬を選びます。米国では、カナマイシンとネオマイシンは外用薬と内服薬としてのみ使用できます。

妊娠中や授乳期間中のアミノグリコシド系薬剤の使用

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP