Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

アミノグリコシド系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

アミノグリコシド系薬剤は抗菌薬のクラスの1つで、グラム陰性細菌(特に緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa)などによる重篤な細菌感染症の治療に使用されます。

アミノグリコシド系薬剤としては以下のものがあります。

  • アミカシン

  • ゲンタマイシン

  • カナマイシン

  • フラジオマイシン

  • プラゾマイシン(plazomicin)

  • ストレプトマイシン

  • トブラマイシン

スペクチノマイシンはアミノグリコシド系薬剤と化学構造が類似しており、同様の仕組みで作用しますが、現在、米国では入手できません。

アミノグリコシド系薬剤は、細菌が増殖するために必要なタンパクを作り出すのを妨げることによって作用します。

icon

アミノグリコシド系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

アミカシン

ゲンタマイシン

カナマイシン

フラジオマイシン

プラゾマイシン(plazomicin)

ストレプトマイシン

トブラマイシン

緑膿菌大腸菌クレブシエラ属細菌などのグラム陰性細菌による感染症

難聴

めまい

腎障害

これらの抗菌薬は、口から服用しても吸収されにくいため、通常は静脈内に投与します。これらの抗菌薬は通常、多くの種類の細菌に効果がある別の抗菌薬(広域抗菌薬と呼ばれます)と併用されます。

どのアミノグリコシド系薬剤も、耳と腎臓に損傷を与えることがあります。そのため、可能であれば、医師は別の種類の抗菌薬を選びます。米国では、カナマイシンとネオマイシンは外用薬と内服薬としてのみ使用できます。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のアミノグリコシド系薬剤の使用

アミノグリコシド系薬剤を妊娠中に使用すると胎児に有害な影響(難聴など)が及ぶ可能性がありますが、治療による効果がリスクを上回る場合もあります。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中にアミノグリコシド系薬剤を使用することは、一般に許容可能と考えられています。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP