Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

感染症の概要

執筆者:

Allan R. Tunkel

, MD, PhD, Warren Alpert Medical School of Brown University

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

微生物とは、細菌やウイルスなど、ごく小さな生物のことです。微生物はどこにでも存在しています。その数は驚くほど多いものの、人間の体内に侵入して増殖し、病気を引き起こすのは、数千種類ある微生物のうちの比較的少数に限られています。

微生物の多くは皮膚の表面や口、上気道、腸、性器(特に腟[ちつ])内に、病気を起こすこともなく定着しています( 常在菌叢)。このように微生物が害を及ぼすことなく人間と共存するか、あるいは人体に侵入して病気を起こすかは、微生物自体の性質や各個人の免疫機能の状態によって違ってきます( 感染症が起こる仕組みおよび 感染に対する防御機構)。

icon

感染症を起こす微生物の種類

種類

説明

生じうる病気

細菌

細菌は、顕微鏡でようやく見える程度のごく小さな、核をもたない単細胞生物です。

化膿レンサ球菌 Streptococcus pyogenes

大腸菌 Escherichia coli

ウイルス

ウイルスは、真菌や細菌よりはるかに小さな感染性微生物です。自分では増殖する能力がないため、生きている細胞に侵入し、その細胞の増殖機能を利用する必要があります。

水痘帯状疱疹ウイルス

水痘(水ぼうそう)と帯状疱疹

ライノウイルス

かぜ(感冒)

真菌

真菌は植物でも動物でもない生物です。その大きさは、顕微鏡でようやく見えるものから肉眼で容易に見えるものまで様々です。真菌には酵母、カビ、キノコ類などが含まれます。

カンジダ・アルビカンス Candida albicans

白癬菌属(トリコフィトン属)

寄生虫

寄生虫は、通常は自分よりはるかに大きな生物(宿主)の体内にすみつくことで生き延びる生物で、蠕虫(ぜんちゅう)や単細胞生物の原虫(細菌と異なり核をもつ微生物)などが該当します。

蟯虫Enterobius vermicularis

肛門周囲のかゆみ

熱帯熱マラリア原虫 Plasmodium falciparum

特定の微生物は生物兵器として用いられる可能性があります。この例として、炭疽、ブルセラ症、出血熱(エボラおよびマールブルグ)、ペスト、天然痘、野兎病を引き起こす微生物や、ボツリヌス毒素を産生する微生物などがあります。これらの疾患はいずれも対象者を死に至らしめる可能性があり、炭疽、ボツリヌス症、野兎病以外は人から人へと感染します。ただし、ブルセラ菌の人から人への直接感染は極めてまれです。

感染の影響

体の一部のみが感染の影響を受けることもあれば(局所感染)、全身が影響を受けることもあります(全身感染)。局所感染の例として、膿瘍や尿路感染があります。重度の全身感染は、敗血症や敗血症性ショックなど、生命を脅かす事態を引き起こす可能性があります。

感染の症状として、発熱、心拍数の増加、不安、錯乱などがあります。

感染症を効果的に治療すれば、ほとんどの影響は消失します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP