Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

感染症の予防

執筆者:

Allan R. Tunkel

, MD, PhD, Warren Alpert Medical School of Brown University

最終査読/改訂年月 2016年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

感染症の予防に役立つ手段はいくつかあります。

手洗いは、感染症が人から人に伝染することを予防する有効な手段の1つです。食品を扱う人や他の人と体が触れる機会が多い人には、手洗いは特に重要です。重病で入院している患者を見舞う場合は、手洗いが必要であり、ガウン、マスク、手袋をしてから病室に入るよう求められることもあります。多くの病院では、アルコールを含んだ消毒用のジェルやフォームも用意しています。患者に触れる前後にこれらの洗浄剤で手を洗うことで、感染の拡大を予防できます。

ときに、感染症にまだかかっていない人に対して、感染を予防する目的で抗菌薬を投与することがあります。これは予防的抗菌薬投与と呼ばれます。また、ほかに健康上の問題がない人でも、ある種の手術(特に腹部の手術や臓器移植)を受ける際には、抗菌薬の予防投与が必要になります。

予防接種は非常に有効な感染予防策です。感染症にかかるリスクの高い人(特に乳児、小児、高齢者、エイズ患者)は、リスクを低下させるために必要な予防接種をすべて受けるべきです。

感染症の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP