Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

体の防御機能が低下した人における感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

様々な病気や薬などの治療によって、体に 本来備わっている防御機構 感染に対する防御機構 人体は自然障壁と免疫システム( 免疫系)によって 感染症の原因となる微生物から守られています。( 様々な防御線も参照。) 自然障壁には、皮膚、粘膜、涙、耳あか(耳垢)、粘液、胃酸などがあります。また、尿も正常に流れることによって、尿路に侵入した微生物を洗い流します。 免疫系は 白血球と 抗体を使って、身体の自然障壁をかいくぐって侵入してきた微生物を見つけて排除します。 ( 感染症の概要も参照のこと。)... さらに読む が破たんしてしまうことがあります。防御機構が破たんすると感染につながり、普段なら特に害を及ぼさずに体の表面や内部で共存している微生物(常在菌叢 常在菌叢 健康な人は、皮膚、鼻、口、のど、大腸、腟など、体の非無菌状態の部位に生息している(コロニーを作っている)微生物の大半とうまく共存しています。常に体内の決まった部位に集団で存在している微生物を「常在菌叢(じょうざいきんそう)」と呼びます。常在菌叢にいる細菌の数は、人の体を構成するすべての細胞の数の10倍に上ります。人体には数時間から数週間しかとどまらず、持続的に定着はしない微生物もいて、それらは一過性の細菌と呼ばれます。... さらに読む )までもが病気を引き起こしてしまうことがあります。防御機構の破たんは以下のような原因で生じることがあります。

加齢に関連する注意点:感染症

高齢者では、いくつかの理由により、若い人よりも感染症が起きやすく、症状が重くなりがちです。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP