Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腸の吸虫感染症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

吸虫の中には腸の感染症を引き起こす種がいます。

次の種類の吸虫が腸に感染します。

  • 肥大吸虫:肥大吸虫症を引き起こす

  • 異形吸虫:異形吸虫症を引き起こす

腸の吸虫感染症は、主に極東、中東、エジプトで発生しています。

吸虫のライフサイクルは複雑です。水生植物(ヒシの実など)や、生、加熱十分、または塩漬けの淡水魚を食べて幼虫を含むシストを取り込むと、腸の吸虫感染症に感染します。

一般に腸の吸虫感染症では無症状か、あっても軽度のものです。しかし、感染症が重症化すると、腹痛や下痢、発熱がみられることがあります。ときに吸虫が食べものの正常な吸収を妨げたり(吸収不良)、腸をふさいだりすることがあります(腸閉塞)。

患者の便に吸虫の虫卵や成虫が含まれていることが確認されると、腸の吸虫感染症と診断されます。

このような吸虫感染症は、プラジカンテルで治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP