Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肉芽腫性アメーバ性脳炎

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肉芽腫性アメーバ性脳炎はまれではあるものの、いったん発症すれば通常は死に至る中枢神経系の感染症で、アカントアメーバ属 Acanthamoebaの原虫やバラムチア・マンドリルリス Balamuthia mandrillarisによって引き起こされます。主に、免疫機能が低下している人や、健康状態が悪い人に発生します。

  • アメーバはおそらく皮膚や肺から侵入し、血流を介して脳に広がります。

  • 肉芽腫性アメーバ性脳炎の症状は徐々に始まり、錯乱、頭痛、かすみ目、けいれん発作、皮膚のびらんなどがみられます。

  • 画像検査と腰椎穿刺は、ほかに原因として考えられる病態を除外するのに役立ちます。皮膚にびらんがある場合には、そのサンプルを採取して顕微鏡で調べ、アメーバがいないか確認します。

  • この感染症の治療には、一般的にはミルテホシン(miltefosine)を含む複数の薬を併用します。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

この感染症を引き起こすアメーバは、世界中の水、土壌、ちりやほこりの中に存在します。多くの人がこのアメーバに接触しますが、感染することはほとんどありません。バラムチア・マンドリルリス Balamuthia mandrillarisは通常、免疫機能が低下している人や、健康状態が悪い人に感染しますが、健康な人に感染することもあります。

アメーバはおそらく皮膚や肺から侵入し、血流を介して脳に広がります。

症状

肉芽腫性アメーバ性脳炎の症状は徐々に現れます。錯乱、頭痛、けいれん発作も一般的です。微熱、かすみ目、人格の変化、発話や協調運動、視覚の異常が現れます。体や顔の片側が麻痺することもあります。

バラムチア・マンドリルリス Balamuthia mandrillarisは、上記の症状に加えて、皮膚のびらんを引き起こすことがあります。

ほとんどの感染者が発症後7~120日で死亡します。

診断

  • CTまたはMRI検査

  • 腰椎穿刺

  • 皮膚のびらんの生検

肉芽腫性アメーバ性脳炎の診断では、通常はCTまたはMRI検査と腰椎穿刺が行われます。これらの検査により、考えられる他の原因の可能性を否定することはできますが、診断の確定には通常至りません。

皮膚のびらんにアメーバが存在していることが多いため、そうした病変があれば生検が行われます。

肉芽腫性アメーバ性脳炎は、死後にしか診断されないことが多々あります。

治療

  • 薬を組み合わせて使用する

肉芽腫性アメーバ性脳炎と皮膚のびらんは、一般的に、

  • ミルテホシン(miltefosine)

と、以下のうち少なくとも1つを組み合わせて治療されます。

  • ペンタミジン(一般的には抗真菌薬として真菌感染症の治療に、もしくは原虫感染症の治療に使用されます)

  • スルファジアジンまたはトリメトプリム/スルファメトキサゾール(抗菌薬)

  • フルシトシン(抗真菌薬)

  • フルコナゾールまたは関連する薬のボリコナゾールもしくはイトラコナゾール(抗真菌薬)

  • アムホテリシンB(抗真菌薬)

  • アジスロマイシンまたはクラリスロマイシン(抗菌薬)

これらの薬は、内服できるものもあれば、注射で投与されるものもあります。なかには、複数の方法で投与できる薬もあります。

手術が必要になることもあります。

皮膚のびらんがあれば、洗浄します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP