Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

糞線虫症

(糞線虫感染症)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

糞線虫症は、線虫の一種である糞線虫 Strongyloides stercoralisによって引き起こされる感染症で、この線虫に汚染された土に皮膚が直接触れると、そこから線虫が侵入して感染します。

  • 通常は、人間が汚染された土の上をはだしで歩いた際に感染します。

  • この感染症にかかった人の大半に症状は起こりませんが、発疹、せき、喘鳴(ぜんめい)、腹痛、下痢、体重減少がみられる場合もあります。

  • まれに、病気(がんなど)や免疫機能を抑制する薬のために免疫機能が低下している人に、生命を脅かす重度の感染症が発生することがあります。

  • この感染症の診断は、便のサンプル中で幼虫を発見するか、血液検査で糞線虫に対する抗体を検出することで下されます。

  • 糞線虫症の治療にはイベルメクチンやアルベンダゾールを使用します。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

糞線虫症は亜熱帯や熱帯など暖かく湿った気候の地域でみられ、米国南部の農村地域でも発生している感染症です。

英語では、糞線虫 Strongyloidesはthreadwormという名前でも呼ばれます。

糞線虫 の感染経路

糞線虫 Strongyloidesの成虫は小腸にすみつきます。雌が産卵し、ふ化した幼虫が放出されます。幼虫のほとんどは便とともに体外に排出されます。土の中で数日を過ごした後、糞線虫の幼虫は感染する能力をもった形態になります。糞線虫の幼虫は接触した人間の皮膚を破って体内に侵入します。それから血流に乗って肺に入り、気道を上がってのどに至り、飲み込まれて最後には小腸に到達し、そこで約2週間かけて成虫になります。

幼虫が人間に接触せずに成虫になり、土の中で数世代の繁殖を繰り返した後に、その子孫である幼虫が人間に接触することもあります。

ときには、ある人の小腸に寄生している幼虫が、同じ人に再感染します。この幼虫は、次のいずれかの方法で人に再感染することがあります。

  • 小腸の壁をくぐり抜けて再び血流内に直接入る

  • 便中に排出され、肛門周囲の皮膚または殿部もしくは太ももの皮膚にもぐり込む

いずれの場合も、幼虫は血流に乗って肺に行き、のどに上がって腸に戻り、自家感染(同じ宿主に感染すること)と呼ばれる新たな感染を起こします。

過剰感染症候群

まれに、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)や臓器移植後の拒絶反応を予防する薬など、免疫機能を抑制する薬(免疫抑制薬)や、がんなどの病気のために、免疫機能が低下している人において、重症の感染症(過剰感染症候群)が発生します。この症候群はエイズ患者にも起こりますが、予想されるほど多くはないかもしれません。

過剰感染症候群は、腸の他にも、肺、脳、肝臓、心臓など広範囲に影響を及ぼします。糞線虫の幼虫には消化管の細菌が付着していることがあります。こうした状態の幼虫が全身を移動すると、血液、脳や髄液、肺、または体の他の部位にこれらの細菌が感染症を引き起こすことがあります。

症状

糞線虫症の患者のほとんどは無症状です。症状が起きた場合は、たいてい皮膚、肺、消化管に現れます。

自家感染を起こしている患者には、幼虫が皮膚内を移動する際に発疹ができます。この発疹は肛門の周囲によく現れます。幼虫が移動するにつれ、発疹は急速に太ももや殿部に広がり、強いかゆみを起こします。

重度の感染症が肺や消化管に生じることがあります。ときにせきや喘鳴がみられ、腹痛や腹部の圧痛、下痢、吐き気、嘔吐が起こることもあります。重症患者は食欲が減退します。また、正常に栄養を吸収できなくなり、体重が減少することもあります。

過剰感染症候群

過剰感染症候群の患者では、肺や消化管が関与する重い症状がしばしば現れます。肺の症状には、重度の息切れ、喀血、呼吸不全などがあります。消化管の症状には、腸の閉塞、出血、吸収不良(栄養素の吸収が重度に障害されること)などがあります。

他の臓器に感染している場合、髄膜炎(脳と脊髄を覆う組織の炎症)、脳の膿瘍、または肝炎などの他の問題がみられることがあります 。

糞線虫 Strongyloidesの過剰感染症の合併症として重篤な血液感染症(敗血症)や腹腔の感染症(腹膜炎)などの細菌感染症が発生することがあります。

免疫機能が低下している人では、たとえ治療を施しても死に至る場合があります。

診断

  • 便サンプルの検査

  • 過剰感染症候群には、たん(粘液)のサンプルの検査と胸部X線検査

  • 糞線虫に対する抗体を検出する血液検査

顕微鏡で便のサンプルを検査すると、糞線虫の幼虫が見つかることがあります。多くの場合、多くのサンプルを検査しなければなりません。

医師は、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を口から小腸内に挿入して、小腸組織のサンプルを採取することがあります。組織のサンプルを吸引するため、細いチューブが内視鏡に通されます。医師は内視鏡を使用してサンプルの採取部位を決定します。

過剰感染症候群が疑われる場合は、たんのサンプルを検査して幼虫の有無を調べ、胸部X線検査で肺に感染の証拠がないか調べます。

通常は糞線虫に対する抗体の有無を調べる血液検査が行われます。(抗体とは、寄生虫などによる攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)ただし、こうした検査では新しい感染と古い感染を区別できず、ときに糞線虫の感染と他の線虫の感染も判別できません。

予防

糞線虫症の予防には、以下のような対策があります。

  • トイレや地面に穴を掘った簡易の便所を使用する

  • 皮膚が直接土に触れないようにする(例えば、靴を履き、地面にシートなどを敷く)

治療

  • イベルメクチンまたはアルベンダゾール

糞線虫症にかかっているすべての人に治療が行われます。

糞線虫症のほとんどの症例では、以下のいずれかが使用されます。

  • イベルメクチン、1日1回、2日間投与

  • アルベンダゾール、1日2回、7日間投与

アルベンダゾールよりもイベルメクチンを用いた方が感染症が治癒する可能性は高くなります。ロア糸状虫症の人にイベルメクチンを使用すると重篤な脳炎(脳の炎症)が起きる可能性があるため、糞線虫症の人がアフリカのロア糸状虫のいる地域にいたことがある場合、医師はイベルメクチンを使用する前にロア糸状虫症がないかどうかを確認します。

過剰感染症候群には、たんまたは便から2週間以上にわたり幼虫が排泄されなくなるまでイベルメクチンが投与されます。

免疫機能が低下している場合、長期間にわたり服用を続けなければならないことがあります。

患者が重症で、口から薬を飲むことができない場合、坐薬または場合によっては皮下投与製剤(本来は動物用)が使用されます。

糞線虫症の合併症として起こりうる細菌感染症の治療には抗菌薬が使用されます。

医師は便サンプルの検査で幼虫の有無を調べるか、血液検査で糞線虫に対する抗体の濃度が減少したかどうかを確認します。糞線虫の幼虫が治療後も便中にみられる場合、または抗体の濃度が低下しない場合は、再度治療が行われます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP