Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

微胞子虫症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

微胞子虫症は、微胞子虫という真菌による感染症です。症状は感染した臓器によって異なりますが、下痢やその他の腸の症状、眼の症状がよく起こります。

  • 微胞子虫症では主に、エイズ患者など、免疫機能が低下している人に症状が現れます。

  • 症状は様々ですが、慢性の下痢、腹痛、発熱、体重減少、眼の炎症などがみられます。

  • 感染組織または便、尿、もしくはその他の体液のサンプル中に微胞子虫が特定できれば、この感染症の診断が下されます。

  • 薬によって症状をコントロールできますが、この感染症を根治させることはできません。

微胞子虫は、以前は原虫に分類されていましたが、現在では真菌とみなされています。この寄生性の真菌は、胞子を形成し、感染した細胞内に生息します。

微胞子虫は、腸、肝臓、胆嚢、胆道(肝臓と胆嚢を小腸につなぐ管)、角膜、副鼻腔、筋肉、気道、尿路、ときに脳に感染することがあります。また、全身に感染が広がることもあります。

微胞子虫は胞子として広がり、以下の方法で体内に取り込まれます。

  • 摂取される

  • 吸い込まれる

  • 眼の周りの組織に入る

  • 人から人へ広がる

  • 感染した動物との接触を介して広がる

体内では、微胞子虫の胞子が細胞に入り、そこで胞子が形成され、増殖し、さらに多くの胞子を形成します。感染した細胞は最終的に破壊され、そこから胞子が放出されます。その後、胞子は体全体に広がって炎症を起こしたり、吐いた息や便または尿を介して環境中に排出されたりします。

症状

微胞子虫症の症状は、以下の要因によって異なります。

  • 感染症を引き起こしている種

  • 影響を受けている臓器

  • 免疫系の機能の正常度

免疫機能が正常であれば、症状は現れないのが一般的ですが、エイズ患者では微胞子虫症により慢性の下痢や様々な感染症(肝炎や副鼻腔炎)が引き起こされます。微胞子虫症が腸に影響を及ぼすと、食べものから十分な栄養素を吸収できなくなります(吸収不良 吸収不良の概要 吸収不良症候群とは、食べたものに含まれる栄養素が様々な理由により小腸で適切に吸収されない状態のことをいいます。 ある種の病気、感染症、手術でも吸収不良が起こることがあります。 吸収不良によって、下痢、体重減少、極度の悪臭がする大量の便がみられます。 診断は、典型的な症状と、便検査の結果、ときに小腸粘膜の生検結果に基づいて下されます。... さらに読む と呼ばれます)。

微胞子虫症の他の症状には、腹痛、黄疸(おうだん)、発熱、体重減少、長引くせき、横腹(わき腹)の痛み、筋肉痛、頭痛、充血を伴う眼の炎症などがあります。視野がかすむことがあります。重度の眼の感染症では、失明することもあります。

診断

  • 感染組織、便、尿、またはその他の体液のサンプルに対する検査

微胞子虫症の診断では、感染組織(生検で採取されたもの)または体液のサンプルを顕微鏡で観察しますが、その際は通常、特殊な方法で微胞子虫を見やすくしてから観察します。例えば、便、尿、血液、たん、髄液(腰椎穿刺 腰椎穿刺 病歴聴取と神経学的診察によって推定された診断を確定するために、検査が必要になることがあります。 神経系の病気(神経疾患)の診断に一般的に用いられる画像検査としては、以下のものがあります。 CT(コンピュータ断層撮影)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 血管造影検査 さらに読む 腰椎穿刺 により採取)、または角膜(擦過により採取)のサンプルを用いて検査が行われることがあります。

サンプルに含まれる寄生虫の遺伝物質(DNA)を特定する検査が行われることもあります。

治療

  • アルベンダゾールまたはフマギリン(fumagillin)

  • エイズ患者には、抗レトロウイルス薬も

  • 眼の感染症には、アルベンダゾール(内服薬)およびフマギリン(fumagillin、点眼薬)

免疫機能が正常であれば、軽い微胞子虫症であれば通常は治療しなくても治癒します。

エイズまたは免疫機能を低下させる他の病気がある場合、治療は、感染を引き起こしている微胞子虫の種類や、影響の及んでいる臓器によって異なります。

アルベンダゾールを服用すると、この薬が効く種が腸管感染症の原因である場合、下痢を抑制できることがあります。しかし、この薬によって感染症を根治することはできません。

アルベンダゾールはまた、この薬が効く種が皮膚や筋肉に影響を及ぼしたり全身に広がったりしている場合にも使用されます。

アルベンダゾールとイトラコナゾールの併用は、微胞子虫の一部の種による感染症の治療に使用されます。

フマギリン(fumagillin)の内服薬は下痢を制御するために使用されてきましたが、深刻な副作用を引き起こす可能性があります。フマギリン(fumagillin)の錠剤は米国では利用できません。

眼の感染症は、アルベンダゾールの内服薬とフマギリンの点眼薬で治療されます。フルオロキノロン系薬剤またはボリコナゾールの点眼薬が役立つこともあります。これらの薬の効果がない場合には、角膜を修復する手術(角膜移植)が必要になることがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP