Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ロア糸状虫症

(ロア糸状虫によるフィラリア症、カラバル腫脹)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ロア糸状虫症は、線虫の一種であるロア糸状虫が皮膚の下の組織で引き起こす感染症です。

  • 主に腕や脚にかゆみのある腫れが現れることがあります。

  • ときおり、目を覆っている透明な膜の下に線虫が移動することがあります。

  • 医師は、血液サンプル中に幼虫(ミクロフィラリア)を特定するか、成虫が眼を横切って移動するのを見ることで、ロア糸状虫症の診断を下します。

  • 成虫も幼虫も殺傷できる唯一の薬はジエチルカルバマジンです。

ロア糸状虫症は、西アフリカと中央アフリカの熱帯雨林地帯でのみ発生しているフィラリア感染症です。

ロア糸状虫症の感染経路

ロア糸状虫症は、アフリカに生息するメクラアブが感染して人間を刺したときに、線虫の幼虫が体内に侵入することで感染します。幼虫はアブに刺された傷口から体内に侵入し、皮膚の下の組織(皮下組織)で成虫になります。成虫は皮膚の下の組織や結膜(眼を覆う透明な粘膜)の下を移動します。成虫は体長が約3~7センチメートルになることがあります。

成虫は未成熟な線虫である幼虫(ミクロフィラリア)を産みます。ミクロフィラリアは日中、血流に乗って体内を巡り、夜間は肺にとどまります。ミクロフィラリアが血流に入っている日中に感染者がアブに刺されると、そのアブが感染します。このアブがまた別の人を刺すと、刺された人の体内に線虫の幼虫が入ります。

症状

ロア糸状虫症のほとんどの人は無症状です。

主に腕や脚にかゆみを伴う腫れ(カラバル腫脹)が現れますが、この腫れは全身のどこにでも発生します。これは線虫が放出した物質に対するアレルギー反応と考えられています。この病気の発生地域の住民であれば、1~3日で腫れが治まるのが通常ですが、こうした地域への旅行者の場合は、より長く続き、より重度になる傾向があります。

成虫が眼を横切ることで、患者が狼狽したり、眼にかゆみや刺激感が生じたりすることもあります。しかし、これにより永続的な損傷を受けることは通常ありません。

ときに、ロア糸状虫症は心臓や腎臓、脳に影響を及ぼしますが、一般的に症状は軽度です。尿には通常より多くのタンパクと少量の血液が含まれることがあります。

診断

  • 診察または血液サンプルの検査

  • 眼の結膜の下を移動する線虫の観察

  • 眼または皮膚から除去された線虫の特定

典型的な症状があり、西アフリカや中央アフリカのこの感染症の発生地域に旅行したことがあるか、そのような地域から移住してきた人では、ロア糸状虫症が疑われます。

医師は顕微鏡で血液のサンプルを調べ、ミクロフィラリアの存在を確認したら、ロア糸状虫症の診断を下します。サンプルは血液中にミクロフィラリアが最も多く存在する午前10時から午後2時の間に採取します。

ときに、医師は眼の結膜の下を線虫が移動しているのを見て、または目や皮膚から除去された線虫を特定して、診断を下すことがあります。

新しい診断検査では、血液サンプル中の寄生虫の遺伝物質(DNA)を特定することができますが、このような検査はどこでも利用できるわけではありません。

予防

この感染症が流行している地域では、ジエチルカルバマジンを1週間に1回投与することがロア糸状虫症の予防に役立ちます。

次の対策により、メクラアブに刺される回数を減らすことができます。

  • 防虫剤を使用する

  • 殺虫剤のペルメトリンをしみこませた衣類を身につける

  • 長袖のシャツと長ズボンを着用する

アブは日中に人間を刺すため、蚊帳は有用ではありません。

治療

  • ジエチルカルバマジン

  • 多数の原虫に寄生されている場合、ジエチルカルバマジンを投与する前に、アルベンダゾールを使用するか血液を濾過する処置を行って、ミクロフィラリアの数と重篤な副作用のリスクを減らします

ミクロフィラリアと成虫を死滅させられる薬は、ジエチルカルバマジンだけです。この薬を21日間服用します。感染症が根治するまで、治療を繰り返す必要があります。

ジエチルカルバマジンには重篤でときに致死的な副作用があり、特に感染症が重い場合は懸念が強くなります。ジエチルカルバマジンを投与する前に血液中のミクロフィラリアの数を減らしておくと、このリスクは低下します。そのため、医師はジエチルカルバマジンによる治療を行う前に、血液中のミクロフィラリアの数を把握します。この数値が高ければ、他の薬(アルベンダゾール)を投与するか血液をろ過する装置(アフェレーシス)を使用して、ミクロフィラリアの数を減らします。このアプローチにより、深刻な副作用のリスクが軽減されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP