Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

リーシュマニア症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

リーシュマニア症は、数種類のリーシュマニア属 Leishmaniaの原虫により引き起こされます。リーシュマニア症には、皮膚、鼻と口の粘膜、または肝臓、脾臓、骨髄をはじめとする内臓に影響を及ぼすいくつかの病気が含まれます。

  • リーシュマニア属 Leishmania原虫は感染したサシチョウバエが人間を刺すことで広がります。

  • 症状は軽度かまったくないこともあれば、感染部位によっては皮膚にびらんができて鼻、口、のどに瘢痕や潰瘍ができて外観がひどく損なわれたり、発熱、体重減少、疲労がみられたりすることもあります。

  • この感染症の診断は、感染組織のサンプルの分析や血液検査によって下されます。

  • サシチョウバエに刺されないためには、防虫剤や蚊帳を使用し、衣類に殺虫剤をかける対策が有効です。

  • 感染症の治療に使用される薬は、症状、感染症を引き起こしているリーシュマニア属 Leishmaniaの種類、感染した場所によって異なります。

リーシュマニア症が発生する地域は世界中に点在します。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

リーシュマニア症の感染経路

感染したサシチョウバエがイヌやげっ歯類などの動物や人間を刺すことで、リーシュマニア属 Leishmania原虫の感染が広がります。まれに、輸血や感染者に使用された針の再使用によって感染する場合や、出産前または出産時に母体から胎児に感染する場合があります。さらに非常にまれなケースとして性的接触で感染する場合もあります。

リーシュマニア症の種類

リーシュマニア症には3つの病型があります。それぞれ体の異なる部位で発生します。原虫はハエの咬傷を介して体内に入り、その後皮膚にとどまることもあれば、鼻や口の粘膜や内臓に広がることもあります。

  • 皮膚リーシュマニア症は皮膚を侵します。この病気は、南欧、アジア、アフリカ、メキシコ、中南米でみられます。パナマで訓練をしていた米軍や、イラクやアフガニスタンで任務を遂行していた米軍で流行したこともありました。ときおり、この感染症の発生地域を訪れる旅行者にもみられます。

  • 粘膜リーシュマニア症は鼻や口の粘膜を侵し、潰瘍を形成し、組織を破壊します。この病気では、まず皮膚に潰瘍が発生します。この寄生虫はリンパ管や血管を通って皮膚から粘膜に至ります。粘膜リーシュマニア症の症状は、皮膚の潰瘍が存在する間にみられることもあれば、皮膚の潰瘍が治癒して数カ月から数年後に発生することもあります。

  • 内臓リーシュマニア症(カラアザール)は内臓を侵し、特に骨髄、リンパ節、肝臓、脾臓に多くみられます。この病気はインド、アフリカ(特にスーダン)、中央アジア、地中海沿岸地方、中南米、まれに中国でみられます。寄生虫は皮膚からリンパ節、脾臓、肝臓、骨髄へ広がります。感染した人のうち症状が現れるのは少数だけです。小児は成人よりも症状が現れる可能性が高く、免疫機能が正常な人よりも免疫機能が低下している人、特にエイズの人では病気が進行する可能性が高くなります。

症状

皮膚リーシュマニア症の初期症状は、多くの場合、サシチョウバエに刺された部位にできる隆起であり、周辺領域との境目ははっきりしています。これは通常、数週間から数カ月後に現れ、中に寄生虫が入っています。感染症が広がると、最初の隆起の近くにいくつか別の隆起が現れます。最初にできた隆起はゆっくりと大きくなり、分泌物が出たり、かさぶたになる潰瘍ができます。潰瘍に痛みはなく、細菌感染症以外の症状は現れません。潰瘍は数カ月程度で自然に治癒しますが、1年以上残ることもあります。そして、熱傷(やけど)の跡のような傷が永続的に残ります。まれに、体全体の皮膚に潰瘍ができることもあり、エイズ患者で特によくみられます。

粘膜リーシュマニア症では、まず皮膚の潰瘍が発生しますが、これは自然に治ります。皮膚の潰瘍が存在している間、または皮膚の潰瘍が治癒して数カ月から数年後に、鼻、口、のどの粘膜に潰瘍や組織の崩壊が生じることがあります。最初の徴候は、鼻づまりや鼻からの分泌物、鼻血などです。やがて、患者の外観がひどく損なわれることがあります。

内臓リーシュマニア症は突然発生することもありますが、通常は、感染したサシチョウバエに刺されたあと数週間から数カ月かけて徐々に発生します。不規則な発作性の発熱が起こります。体重減少、下痢、全身の疲労感が生じることもあります。肝臓、脾臓、ときにリンパ節が腫れます。血球数が減少し、これによって貧血が起こり、他の感染症にかかりやすくなります。治療しなければ、内臓リーシュマニア症の患者は死に至るおそれがあります。

治療が効果を発揮し、感染はしているものの症状がない人は、免疫機能が低下しているのでなければ、後に症状が出る可能性は低いと考えられます(免疫機能の低下は、エイズを患っている人や、臓器移植後の拒絶反応を予防するために免疫機能を低下させる薬を使用している人などにみられます)。

内臓リーシュマニア症の治療後、他の症状が消失するにつれて、斑点またはしこり(結節)が皮膚に現れることがあります。このような異常な皮膚病変のある人をサシチョウバエが刺すと、サシチョウバエが感染し、感染を広げるようになります。斑点やしこりが現れるかどうか、それがいつまで続くかは、感染した場所によって異なります。

  • アフリカのスーダン(サハラ砂漠の南):斑点やしこりは一般に数カ月から1年残ります。

  • インドとその近隣諸国:斑点やしこりは数年間残ることがあります。

  • 南欧、北アフリカ、中東、ラテンアメリカ:内臓リーシュマニア症の治療後、皮膚に斑点やしこりは現れません。

エイズ患者では、内臓リーシュマニア症は再発することが多く、皮膚リーシュマニア症では全身に潰瘍が生じることがあります。

診断

  • 感染組織のサンプルの観察と検査

  • 内臓リーシュマニア症の有無を調べる血液検査

医師は、皮膚の潰瘍があり、皮膚リーシュマニア症が疑われる人では感染組織からサンプルを採取し、内臓リーシュマニア症が疑われる人では血液、骨髄、肝臓、または脾臓のサンプルを採取してリーシュマニア症の診断を下します。顕微鏡検査、培養検査、その他の検査によってリーシュマニア属 Leishmania原虫の遺伝物質(DNA)の有無を調べ、サンプルにリーシュマニア属 Leishmaniaの原虫が含まれているかどうかを判別します。

内臓リーシュマニア症の診断を下すには、リーシュマニア属 Leishmania原虫に対する抗体を検出する血液検査が役立つことがあります。(抗体とは、寄生虫などによる攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)しかし、抗体検査の結果が陰性になることもあります(特にエイズ患者をはじめ免疫機能が低下している人)。抗体を調べる血液検査は、皮膚リーシュマニア症の診断を下す際には役立ちません。

予防

リーシュマニア症の予防は第一に、サシチョウバエに刺されないようにすることです。

この感染症の流行地域に旅行する人や居住している人には、以下の予防法が役立ちます。

  • 皮膚の露出部にジエチルトルアミド(DEET)の入った防虫剤を使用する

  • 防虫ネットや蚊帳を使用し、衣類にペルメトリンなどの殺虫剤をかけて着用する

  • 長袖シャツ、長ズボン、靴下を着用し、シャツのすそはズボンに入れる

  • サシチョウバエが最も活動的になる夕暮れから夜明けまでの野外活動を避ける

治療

  • いくつかの要因に応じて、各種の薬

  • 粘膜リーシュマニア症によって外観が損なわれている場合は、再建手術

リーシュマニア症の治療に用いる薬は、以下の要因によって変わります。

  • リーシュマニア症の種類

  • 関与しているリーシュマニア属 Leishmania原虫の種類

  • 患者が感染した地域

  • そのリーシュマニア属 Leishmania原虫の治療に対する感受性

  • 患者の免疫系の状態

  • 薬の投与経路と起こりうる副作用

皮膚リーシュマニア症

皮膚リーシュマニア症の治療は、病気の状態と感染を引き起こしている原虫の種類によって異なります。

粘膜リーシュマニア症を引き起こさない種類のリーシュマニアによる、小型で合併症のない潰瘍に対しては、以下の治療法があります。

  • 潰瘍に対する温熱療法または寒冷療法

  • 潰瘍に対するパロモマイシン軟膏(抗アメーバ薬)の塗布

  • 潰瘍に対するスチボグルコン酸ナトリウムの注射

  • リーシュマニア症の治療薬(抗リーシュマニア薬—以下を参照)

米国では、パロモマイシン軟膏と皮下注射用のスチボグルコン酸ナトリウムは入手できません。潰瘍が自然に治癒し始めた場合、医師は治療をせずに経過を観察することがあります。潰瘍が治癒し続ければ、治療の必要はありません。

以下のいずれかがある場合、通常、抗リーシュマニア薬を用いた治療が行われます。

  • いくつかの大きな、または外観を損なう潰瘍

  • 免疫機能の低下

  • 粘膜リーシュマニア症を引き起こす可能性があるリーシュマニア属 Leishmaniaの種による潰瘍

抗リーシュマニア薬には以下のようなものがあります。

  • ミルテホシン(miltefosine)

  • リポソーム化アムホテリシンB(一般に、真菌感染症の治療に使用されます)

  • アムホテリシンBデオキシコール酸製剤(一般に、真菌感染症の治療に使用されます)

  • スチボグルコン酸ナトリウム

  • アンチモン酸メグルミン

これらの薬は、経口で投与されるミルテホシン(miltefosine)を除けば、すべて注射で投与されます(全身投与)。ミルテホシン(miltefosine)は先天異常の原因となることがあるため、妊婦には投与できません。

粘膜リーシュマニア症

粘膜リーシュマニア症に最適な治療法は不明です。以下のような治療選択肢があります。

  • ミルテホシン(miltefosine)

  • リポソーム化アムホテリシンB

  • アムホテリシンBデオキシコール酸製剤

  • スチボグルコン酸ナトリウム

  • アンチモン酸メグルミン

鼻や顔面の変形がある場合には再建手術が必要になりますが、手術は再発のリスクが低くなる12カ月後まで遅らせる必要があります。

内臓リーシュマニア症

選択すべき薬は以下のものです。

  • リポソーム化アムホテリシンB

  • ミルテホシン(miltefosine)

他のアムホテリシンB製剤が効果的な場合もありますが、リポソーム化アムホテリシンBほど十分に研究されていません。

ラテンアメリカとアフリカでは、アンチモン(スチボグルコン酸ナトリウムやアンチモン酸メグルミンなど)を含有する薬剤が注射されることがありますが、これは、この地域で内臓リーシュマニア症を引き起こすリーシュマニア属 Leishmaniaの原虫がこれらの薬に耐性をもたないからです。インドとその近隣諸国では、一般にリーシュマニア属原虫がアンチモン製剤に耐性をもっています。アンチモン製剤によって、吐き気、嘔吐、疲労感、心臓への影響(この場合は薬の使用中止が必要)が引き起こされることがあります。

併発している細菌感染症に対しては、十分な栄養補給などの支持療法、輸血、または抗菌薬が使用されます。

エイズ患者に対する治療

エイズ患者の内臓リーシュマニア症の治療には、リポソーム化アムホテリシンBまたはミルテホシン(miltefosine)が使用されます。また、抗レトロウイルス薬を用いたエイズの治療により、リーシュマニア属 Leishmania原虫に対する患者の免疫反応が改善し、再発のリスクが低下します。

内臓リーシュマニア症を繰り返すエイズ患者では、さらなる再発を防ぐために、初回治療後に定期的にリポソーム化アムホテリシンBが投与されることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP