Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

メジナ虫症

(ギニア虫症)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

メジナ虫症は、メジナ虫という線虫の一種による感染症です。これによって痛み、炎症を伴う皮膚病変、体力を奪う関節炎が起こります。

  • メジナ虫に感染した微小な甲殻類を水と一緒に体内に取り込むことで感染します。

  • 交尾をした後、雌の成虫は皮膚に移動して水疱を(通常は膝より下に)形成し、その周辺に腫れや赤み、焼けるような痛みが起こります。水疱の付近の関節は損傷を受けることがあります。

  • 医師は水疱から出てくる線虫を確認し、この感染症を診断します。

  • ろ過処理、沸騰、または塩素処理された水以外は飲まないようにすることで感染を予防できます。

  • メジナ虫は棒にゆっくりと巻き付ける方法や手術によって取り除きます。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

1980年代半ばには、350万人がメジナ虫症を発症しました。この病気は熱帯アフリカ、イエメン、インド、パキスタンの多くの地域で蔓延していました。しかし、メジナ虫症を抑える国際的な取り組みにより、2016年に報告された症例数はわずか26例になっており、発生地域はアフリカの数カ国(南スーダン、チャド、マリ、エチオピア)だけでした。メジナ虫は根絶間近です。

メジナ虫症の感染経路

感染した微小なミジンコが混入した水を飲むと、人間が感染します。このミジンコの内部には未成熟なメジナ虫(幼虫)が寄生しています。人間の体内に取り込まれた後、ミジンコは死に、幼虫が放出されます。この幼虫は腸壁を貫通して、腹腔に入ります。腹部内で、幼虫は約1年かけて成虫になり、他の成虫と交配します。その後、雌の成虫は腹部から皮下組織を通って移動し、多くは脚の膝より下の部分または足に移動します。成虫はそこで水疱を形成します。この水疱は重度の焼けつくような不快感を引き起こし、やがて表面が破れます。この灼熱感を和らげようと患者が脚を水中に浸すと、子を宿した成虫が水中に幼虫を放出します。水中に放たれた幼虫は、別のミジンコを見つけて感染します。子を宿した成虫が皮膚に到達できなければ、死んで皮膚の下で分解されるか固化(石灰化)します。

症状

メジナ虫症の症状は、メジナ虫が皮膚を破ることで始まります。メジナ虫がいる部分の皮膚表面に水疱ができます。水疱の周囲がかゆくなり、熱をもち、炎症を起こして腫れて、赤くなり、痛みます。メジナ虫が放出した物質がアレルギー反応を引き起こし、呼吸困難、嘔吐、かゆみを伴う発疹、生活に支障をきたす痛みが起こることがあります。水疱が破れるとすぐに、メジナ虫が姿を現すことがあります。後にメジナ虫が人体から出ていくと、症状は治まります。

成虫が体から排出された後、水疱は治ります。しかし、約50%の成人では、メジナ虫によって破られた皮膚の周辺に細菌感染症が起こります。

ときに水疱の付近にある関節と腱に損傷が生じ、関節痛やその他の関節炎の症状が現れます。

診断

  • 水疱内でのメジナ虫の出現

水疱に成虫が現れると、明確にメジナ虫症と診断されます。

X線検査を行い、石灰化した成虫の位置を特定することがあります。

予防

メジナ虫症の予防には、以下の方法が有効です。

  • 目の細かい綿ガーゼで飲み水をろ過する

  • 水を煮沸する

  • 塩素処理された水だけを飲む

感染者は、飲み水の水源が汚染されないよう、水源に入らないように指示されます。

治療

  • 成虫の除去

成虫(最大1.2メートルに及びます)を棒に巻き付け、数日から数週間かけてゆっくりと取り除きます。頭部が出てきたら、それをつかんで小さい棒に端の部分を巻き付けます。成虫が出てくるのにあわせて徐々に棒を回転させ、さらに巻き取っていきます。最終的に成虫を完全に抜き取り、廃棄します。医療従事者が処置に当たる場合は、局所麻酔を施して小さく切開し、そこから成虫を除去します。

この寄生虫を死滅させる薬はありません。しかし、メジナ虫が作った傷口の周辺に細菌感染が起きた場合は抗菌薬が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP