Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

フィラリア感染症の概要

(フィラリア症)

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

フィラリア感染症は、一部の線虫によって引き起こされる病気で、線虫の種類によって異なる部位に影響を及ぼします。

フィラリアには多くの種類がありますが、人間に寄生するのはごく少数です。人間に寄生する種は、次のような部位に生息しています。

これらの感染症のほとんどは、熱帯や亜熱帯の地域で発生します。イヌ糸状虫(ディロフィラリア・イミティス)による感染症は世界中でみられますが、この感染症で人に症状が生じることはまれです。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

感染経路

フィラリア感染症は、以下の経路で感染します。

  • 感染したアブ(ウシアブやメクラアブなど)や蚊が人間を刺したときに、フィラリアの幼虫が皮膚の中に侵入します。

  • 幼虫は皮膚の下やリンパ組織で成虫になります。

  • 成虫はミクロフィラリアと呼ばれる子を産み、これが血流に乗って体内を循環したり、組織間を移動したりします。

  • アブや蚊が感染者を刺し、その際にミクロフィラリアを取り込むことで感染が広がります。

  • 昆虫の体内で、ミクロフィラリアが感染力のある幼虫に成長します。

  • この昆虫がまた別の人間を刺すことで、幼虫の感染が広がります。

これらの感染症は人から人に広がることはありません。

症状

体内で幼虫がこぶを作り、このこぶが症状を引き起こします。こうしたこぶは肺やリンパ管の内部、皮膚の下などにできることがあります。フィラリア感染症とそれに伴う炎症により、リンパ管がふさがれ、顔面や脚、性器に腫れが生じて、外観が損なわれます。フィラリアが放出する物質に対するアレルギー反応によって、いくつかの症状が出ることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP