Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ジアルジア症

執筆者:

Richard D. Pearson

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)は、単細胞の寄生虫(原虫)であるジアルジア属のランブル鞭毛虫 Giardiaによって引き起こされる小腸の感染症です。主な症状は、腹部けいれんと下痢です。

  • 腹部けいれん、ガスの貯留、げっぷ、下痢、吐き気、疲労感がみられることがあります。

  • ランブル鞭毛虫 Giardiaを含む便で汚染された水や食べものを摂取したり、感染した人の便に触れたりすることで感染します。

  • この感染症の診断は、便のサンプルを検査することで下されます。

  • 水を煮沸するとランブル鞭毛虫 Giardiaは死滅するため、ハイカーが河川や湖の水を飲む方法としては最も安全です。

  • 感染した場合、チニダゾール、メトロニダゾール、またはニタゾキサニドなどの抗寄生虫薬が使用されます。

寄生虫感染症の概要も参照のこと。)

ジアルジア症は世界各地でみられる原虫感染症であり、米国では寄生虫による腸管感染症の中で最も多いものです。ランブル鞭毛虫 Giardiaはシストと呼ばれる外殻を形成します。これにより、原虫は外部環境(湖や河川など)で長期間生存できるようになり、塩素によって死滅しにくくなります(プールなど)。こうしたシストは便とともに体外に排出され、感染の原因になります。

ランブル鞭毛虫 Giardiaは湖や河川など淡水でよくみられる寄生虫で、一見きれいに見える場所にも存在しています。自治体の上水システムのろ過が不十分であった場合には、感染が流行する一因になります。ほとんどの場合は、汚染された水を飲むことで感染が起こります。しかし、汚染された食べものを食べて感染する場合や、小児同士やセックスパートナーの間でみられることがあるように、感染者の便に接触して感染する場合もあります。

ジアルジア症は以下の人に多くみられます。

  • 託児所で過ごす小児

  • 口と肛門を接触させる性行為を行う人

  • 発展途上国への旅行者

  • 処理せずに小川や湖の水を飲むバックパッカーやハイカー

  • 汚染されたプールや湖で泳ぐ人

ランブル鞭毛虫 Giardiaは野生動物の体内でも生息できます。

知っていますか?

  • ジアルジア症は、米国では最も多くみられる寄生虫による腸管感染症です。

症状

感染した人は無症状のこともありますが、便中にランブル鞭毛虫 Giardiaのシストを排出し、他の人に感染させることがあります。症状は、あるとすれば感染してから1~2週間後に現れます。

ジアルジア症の典型的な症状には、腹部けいれん、ガスの貯留(鼓腸[こちょう])、げっぷ、悪臭がする水様性下痢などがあります。吐き気が一時的に起こる場合もあります。疲労感と漠然とした不快感があり、食欲がなくなります。治療しないでいると、下痢は数週間続くことがあります。

また、少数ではあるものの下痢がより長引くケースもあります。この場合、食べものから十分に栄養を吸収できなくなり(吸収不良)、体重が著しく減少することがあります。

ときに、慢性的なジアルジア症によって、小児の通常の成長が妨げられることがあります(発育不良)。

診断

  • 便検査

ジアルジア症は、しばしば症状から疑われます。

ジアルジア症の最も簡便な診断法は、便を検査してランブル鞭毛虫 Giardia lambliaが放出したタンパク(抗原)またはその遺伝物質を検出する方法です。

便のサンプルを顕微鏡で観察すると、寄生虫が見つかる場合もあります。しかし感染が長期にわたると、便に寄生虫が出る周期が不規則になるため、しばしば顕微鏡による便の検査を繰り返す必要があります。

これらの検査でも腸の症状の原因を特定できない場合、医師は観察用の柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて、小腸の最初の部分(十二指腸)をはじめ消化管の上部を調べることがあります。医師はこれを用いて、検査用に小腸の内容物のサンプルを採取することがあります。

予防

ジアルジア症の予防には、以下の対策が必要です。

  • 公共用水を適切に処理する(飲み水や水泳プールなど)

  • 食べものを取り扱う際には十分に衛生管理を行う

  • 個人が適切な衛生習慣をもつ(例、トイレの後によく手を洗う)

  • 性行為中に便との接触を避ける

水を煮沸するとこの寄生虫は死滅するため、ハイカーが河川や湖などの水を飲む方法としては最も安全です。

河川や湖の水は、ヨウ素で消毒することもできます。しかし、水の汚れの程度(濁度)、水温、消毒処理の方法によって効果に違いが出るため、信頼性が高いとは言えません。日常的に飲み水に対して使用される塩素の量は、シストを死滅させるには不十分なことがあります。

携帯型のろ過装置を使うと水からシストを除去できますが、ろ過装置の有効性が判定できない場合もあります。

治療

  • チニダゾール、メトロニダゾール、またはニタゾキサニド(nitazoxanide

感染した場合には、チニダゾール、メトロニダゾール、もしくはニタゾキサニド(nitazoxanide)が経口で投与されます。症状がでていない感染者に対する治療も感染拡大を抑える助けになるかもしれませんが、現実的ではなく、多大な費用もかかります。

チニダゾールの単回投与は、5~7日間にわたって1日3回の投与が必要なメトロニダゾールより副作用が少なくて済みます。チニダゾールやメトロニダゾールを服用して数日以内に飲酒した場合、吐き気、嘔吐、紅潮、頭痛が起こることがあります。ニタゾキサニド(nitazoxanide)は小児が服用しやすい液剤と、錠剤の両方があります。これを1日2回、3日間服用します。副作用はほとんどありません。

妊婦はメトロニダゾールやチニダゾールを服用してはいけません。妊娠中のニタゾキサニド(nitazoxanide)の安全性はまだ調べられていません。そのため、可能であれば妊娠期間が過ぎるまで、妊婦への処置は遅らせることが推奨されます。症状が重くて治療を遅らせることができない場合には、パロモマイシンが使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP