honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

リケッチア痘

執筆者:

William A. Petri, Jr

, MD, PhD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

リケッチア痘は、痘瘡リケッチア Rickettsia akariによって引き起こされ、ツツガムシ(ダニの幼虫)またはダニの成虫によって広がるリケッチア感染症です。

  • リケッチア痘の症状は軽度で、悪寒と発汗を伴う発熱、頭痛、光に対する過敏、筋肉痛、発疹などがあります。

  • 感染症を診断するために、医師は発疹のサンプルを検査し、ときに血液検査を行います。

  • リケッチア痘は抗菌薬で治療します。

リケッチアは他の生物の細胞内でのみ生存できる細菌です。このリケッチア症を引き起こすリケッチアは、主にハツカネズミを宿主として寄生しています。

リケッチア痘は米国の多くの地域、ロシア、韓国、アフリカで発生しています。ツツガムシ(ダニの幼虫)やダニの成虫に咬まれると、人間がこのリケッチアに感染することがあります。また、ダニはこの細菌をハツカネズミにもうつします。

症状

リケッチア痘の症状は軽度です。咬まれた部位には小さなボタン状の傷ができ、黒いかさぶた(痂皮)で覆われます。それが小さな潰瘍となり、治癒すると瘢痕になります。

約1週間後には、悪寒や発汗を伴う発熱、頭痛、光を見たときの眼の不快感、筋肉痛、広範な発疹といった他の症状が現れます。周辺のリンパ節が腫れることもあります。

診断

  • 医師による評価

  • 発疹の生検と検査

  • 血液検査

リケッチア痘の診断は、症状から疑われます。

診断を確定するために、発疹から採取したサンプルを蛍光抗体法で検査することがあります。あるいは、より早く細菌を検出するため、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法が用いられることもあります。

血液検査を行って、原因となる細菌に対する抗体を検出することもあります。ただし、この検査を1回実施するだけでは不十分です。抗体の値の上昇を確認するには、1~3週間後に検査を再度行う必要があります。そのため、抗体検査は患者の発症直後に感染症を診断する役には立ちませんが、後に診断を確定する助けになります。

予防

リケッチア痘の予防法は、ネズミの数を減らし、殺虫剤でダニを駆除することです。

ネズミが住みにくい環境を作ることが有用です。例えば、薪の山や落ち葉、枯れ枝を取り除き、家の周りの背の高い草や藪を刈るとよいでしょう。ネズミはそのような場所に隠れたり、巣を作ったりすることがあるためです。ネズミが家に入ることができるような開口部があれば塞いでおくべきです。食べものはネズミが入れない容器に入れておきます。

治療

  • 抗菌薬

リケッチア痘の治療には抗菌薬を使用し、通常はドキシサイクリンを経口で最低5日間投与します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP