Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ツツガムシ病

(恙虫病、ダニ媒介性チフス、熱帯チフス)

執筆者:

William A. Petri, Jr

, MD, PhD, University of Virginia School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 7月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース
  • ツツガムシ病にかかると、発熱、悪寒、頭痛が現れ、数日後に発疹が現れます。

  • 感染症を診断するために、医師は発疹のサンプルを検査し、ときに血液検査を行います。

  • ツツガムシ病は抗菌薬で治療されます。

ツツガムシ病は日本、韓国、中国、インド、オーストラリア北部で発生します。人間がツツガムシ(ダニの幼虫)に咬まれると、この病気にかかることがあります。

症状

ツツガムシ病の症状は、体内に細菌が侵入した6~21日後に突然起こります。発熱、悪寒、頭痛、リンパ節の腫れなどの症状がみられます。ツツガムシに刺された部位に黒いかさぶたができます。発熱が始まって1週間はせきが出ることがあります。また、発熱の開始から5~8日ほど後に発疹が現れます。

診断

  • 医師による評価

  • 発疹の生検と検査

  • 血液検査

ツツガムシ病の診断は、ツツガムシ病の流行地域(中央アジア、東南アジア、南アジア、オーストラリア北部など)に最近行ったことがあり、キャンプや農場訪問といったツツガムシに刺される可能性のある屋外活動に従事した人に症状がみられることから疑われます。

診断を確定するため、発疹から採取(生検)したサンプルを蛍光抗体法で検査することがあります。あるいは、より早く細菌を検出するため、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法が用いられることもあります。

血液検査を行って、原因となる細菌に対する抗体を検出することもあります。ただし、この検査を1回実施するだけでは不十分です。抗体の値の上昇を確認するには、1~3週間後に検査を再度行う必要があります。そのため、この検査は患者の発症直後に感染症を診断する役には立ちませんが、後に診断を確定する助けになります。

予防

予防では、ツツガムシが生息する藪を除去し、生息地に殺虫剤をまいてツツガムシを完全に駆除するか数を減らします。

ツツガムシに接触する可能性が高い場合は、DEET(ジエチルトルアミド)などの防虫剤を使用してください。

治療

  • 抗菌薬

ツツガムシ病の治療では、抗菌薬のドキシサイクリンを経口で投与します。この抗菌薬の投与は、患者の状態が改善し、48時間にわたって発熱がみられなくなるまで続けます。ただし、最短でも7日間は使用する必要があります。治療を行えば、すぐに回復します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP