Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ウイルス感染症の概要

執筆者:

Laura D Kramer

, PhD, Wadsworth Center, New York State Department of Health

最終査読/改訂年月 2018年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要
本ページのリソース
  • ウイルス感染症は、ウイルスを飲み込んだり、吸い込んだり、虫に刺されたり、性的接触を通じて感染することがあります。

  • ウイルス感染症で最もよくみられるのは、鼻、のど、上気道に生じるものです。

  • 診断は、症状、血液検査と培養検査、感染組織の検査に基づいて下されます。

  • 抗ウイルス薬は、ウイルスの増殖を妨いだり、ウイルス感染症に対する免疫反応を強化するものです。

ウイルスは真菌や細菌よりはるかに小さく、生きた細胞に侵入しないと増殖(複製)できない感染性微生物です。ウイルスは細胞(宿主細胞と呼ばれる)に付着して細胞内に侵入し、細胞内で自身のDNAやRNA 遺伝子 遺伝子とは、DNA(デオキシリボ核酸)のうち、細胞の種類に応じて機能する特定のタンパクの設計情報が記録された領域のことです。染色体は、細胞の中にあって複数の遺伝子が記録されている構造体です。 遺伝子は染色体内にあり、染色体は主に細胞の核にあります。 1本の染色体には数百から数千の遺伝子が含まれています。... さらに読む 遺伝子 を放出します。このDNAやRNAは、ウイルス自身を複製するために必要な情報を含む遺伝物質です。ウイルスの遺伝物質は細胞を支配し、強制的にウイルスを複製させます。ウイルスに感染した細胞は、ウイルスによって正常に機能できなくなるため、通常は死にます。細胞が死ぬと、その細胞から新しいウイルスが放出され、他の細胞に感染します。

ウイルスの種類によっては、感染した細胞を殺さずにその機能を変えてしまうものがあります。あるものは細胞に感染して、正常な細胞分裂ができないようにし、がん化させてしまいます。

B型肝炎ウイルス B型肝炎(慢性) B型慢性肝炎は、B型肝炎ウイルスを原因とし、6カ月以上持続している肝臓の炎症です。 ほとんどのB型慢性肝炎患者では症状がありませんが、全身のだるさを感じ、疲れを覚え、食欲を失う場合もあります。 B型慢性肝炎があると肝臓がんのリスクが増大します。 血液検査の結果に基づいてB型肝炎の診断が下され、肝傷害の程度を確認するために通常は肝生検が行わ... さらに読む C型肝炎ウイルス C型肝炎(慢性) C型慢性肝炎は、C型肝炎ウイルスを原因とし、6カ月以上持続している肝臓の炎症です。 C型肝炎は、肝臓にひどい損傷を与えるまでは症状を引き起こさないことがよくあります。 C型慢性肝炎の診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。 C型慢性肝炎によって肝硬変が生じた場合、6カ月毎に肝臓がんのスクリーニングを行います。... さらに読む などの一部のウイルスは、慢性の感染症の原因となります。慢性肝炎は何年、何十年にもわたって続くことがあります。多くの場合、慢性肝炎はかなり軽症で、肝傷害はほとんど引き起こしません。しかし、一部の患者では、最終的には肝硬変 肝硬変 肝硬変は、機能を果たさない瘢痕組織が大量の正常な肝組織と永久に置き換わり、肝臓の内部構造に広範な歪みが生じることです。肝臓が繰り返しまたは継続的に損傷を受けると、瘢痕組織が生じます。 肝硬変の最も一般的な原因は、慢性的なアルコール乱用、慢性ウイルス性肝炎、飲酒によらない脂肪肝です。... さらに読む 肝硬変 (肝臓の重度の瘢痕化)や肝不全 肝不全 肝不全は、肝機能が大幅に低下した状態です。 肝不全は、肝臓に損傷が起きる病気や物質により引き起こされます。 ほとんどの患者は黄疸(皮膚と眼が黄色くなる)になり、疲れて脱力を覚え、食欲を失います。 他の症状には、腹部への体液の貯留(腹水)や、皮下出血や出血が起きやすい傾向などがあります。... さらに読む に至り、ときに肝臓がん 肝細胞がん 肝細胞がんは、肝臓の細胞から発生するがんの一種であり、原発性の肝臓がんの中で最も多くみられるものです。 B型またはC型肝炎、脂肪性肝疾患、および過度の飲酒は、肝細胞がんの発生リスクを高め、特に肝硬変がある患者では著しくリスクを高めます。 腹痛や体重減少がみられるほか、右上腹部に大きなかたまりを触れることがあります。... さらに読む が発生することがあります。

知っていますか?

  • ウイルスは感染した細胞を支配し、強制的にウイルスを複製させます。

通常、ウイルスはそれぞれ決まったタイプの細胞にのみ感染します。例えば、かぜ(感冒)のウイルスは上気道の細胞だけに感染します。さらに、大半のウイルスは少数の植物種や動物種にしか感染せず、また人間にだけ感染するウイルスもあります。

ウイルス感染症の種類

おそらく、最も一般的なウイルス感染症は次のものです。

  • 呼吸器感染症:鼻、のど、上気道、肺の感染症

特に多くみられる呼吸器感染症は、のどの痛み のどの痛み のどの痛みとは、のどの奥に生じる痛みのことです。痛みは激しいこともあり、通常はものを飲み込んだときに強くなります。のどの痛みがある人の多くは、食べたり飲んだりするのを拒みます。ときに、耳にも痛みを感じることがあります(のどの奥に向かう神経は、耳に通じる神経のごく近くを通っています)。... さらに読む のどの痛み 副鼻腔炎 副鼻腔炎 副鼻腔炎は副鼻腔の炎症で、多くはウイルスや細菌の感染またはアレルギーが原因です。 最もよくみられる症状は痛み、圧痛、鼻づまり、頭痛などです。 診断は症状に基づいて下されますが、ときにCT検査などの画像検査が必要になることもあります。 原因となっている細菌感染症は抗菌薬で根治させることができます。... さらに読む かぜ(感冒) かぜ(感冒) かぜ(感冒)は、鼻、副鼻腔、のどの粘膜に起こるウイルス感染症です。 様々なウイルスがかぜの原因となります。 通常、かぜは感染者の鼻の分泌物に手が触れることでうつります。 初期にのどのいがらっぽさや痛み、または鼻の不快感が生じることが多く、続いてくしゃみや鼻水、せき、全身のだるさが生じます。... さらに読む といった上気道の感染症です。

呼吸器感染症は、乳児、高齢者、また肺や心臓の病気がある人では症状が重くなる傾向があります。

ほかにも、各種のウイルスが様々な体の部位に感染します。

ウイルス感染

ウイルスは様々な経路で感染します。主な経路は以下の通りです。

かつては世界の限られた地域にしか存在しなかった多数のウイルスが、今では広い地域にみられるようになりました。例えば、チクングニアウイルス、クリミア-コンゴ出血熱ウイルス、日本脳炎ウイルス、リフトバレー熱ウイルス、ウエストナイルウイルス、ロスリバーウイルス、ジカウイルス ジカウイルス感染症 ジカウイルス感染症は蚊が媒介するウイルス感染症の一種であり、一般に症状を引き起こしませんが、発熱、発疹、関節痛、または白眼を覆う膜の感染症(結膜炎)がみられることもあります。妊婦のジカウイルス感染症は、新生児に小頭症(重大な先天異常)と眼の異常を引き起こすことがあります。 ジカウイルスは蚊によって広がりますが、性交や輸血によって感染するこ... さらに読む ジカウイルス感染症 、跳躍病ウイルスなどが以前よりも広範囲に確認されるようになっています。その理由の1つは、気候が変化して、ウイルスを運ぶ蚊が生息できる地域が増えたことです。また、旅先で感染した旅行者が、帰宅してから蚊に刺され、その蚊がウイルス感染を別の人に広げることもあります。

ウイルスに対する防御

ウイルスに対して、体はいくつかの防御機能を備えています。

  • 皮膚のような物理的バリアは、ウイルスが簡単に侵入できないように防御します。

  • 体の免疫系は、ウイルスを攻撃します。

ウイルスとがん

ウイルスの中には宿主細胞のDNAを変化させ、がんを生じやすくするものがあります。ヘルペスウイルス ヘルペスウイルス感染症の概要 よくみられるウイルス感染症の1つに、ヘルペスウイルスによるものがあります。人間に感染するヘルペスウイルスには、以下の8種類があります。 単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルス(ヘルペスウイルス3型、水痘や帯状疱疹の原因となる)の3種類は、皮膚や粘膜に水疱を作る感染症を引き起こ... さらに読む HIV ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 のように、一部のウイルスは宿主細胞内に遺伝物質を残し、長期にわたって休眠状態でとどまります(潜伏感染)。その細胞が弱ると、ウイルスが再び複製を始め、病気を引き起こすことがあります。

がんを引き起こすことが分かっているウイルスはほんの数種類ですが、ほかにも存在する可能性があります。

icon

診断

  • 医師による評価

  • 流行する感染症の場合、同様の病態を抱えた他の患者の存在

  • 一部の感染症では、血液検査と培養検査

一般的なウイルス感染症(麻疹 麻疹(はしか) 麻疹は非常に感染力の強いウイルス感染症で、様々な症状と特徴的な発疹が現れます。 麻疹の原因はウイルスです。 症状としては、発熱、鼻水、頻発する空せき、目の充血、かゆみを伴う赤い発疹などがみられます。 診断は、典型的な症状と特徴的な発疹に基づいて下されます。 ほとんどの小児が回復しますが、まれに麻疹により死亡したり脳に損傷が生じたりすること... さらに読む 麻疹(はしか) [はしか]、風疹 風疹 風疹は感染力の強いウイルス感染症で、関節痛や発疹などの軽い症状が出ます。 風疹の原因はウイルスです。妊娠中の母親が風疹に感染すると新生児に重い先天異常が起きます。 典型的な症状としては、リンパ節の腫れ、口蓋(こうがい)に出るバラ色の斑点、特徴的な発疹などがあります。 診断は症状に基づいて下されます。... さらに読む 風疹 水痘 水痘(水ぼうそう) 水痘とは、水痘帯状疱疹ウイルスによる、感染力が非常に強いウイルス感染症で、かゆみのある特徴的な発疹が現れます。発疹は小さな斑点で、盛り上がったり、水疱(水ぶくれ)を形成したり、かさぶたができたりします。 水痘はほとんどが小児に起こりますが、水痘ワクチンのおかげで発生数は大幅に減少しています。... さらに読む [水ぼうそう])は、症状に基づいて診断できることがあります。

それ以外の感染症では、血液検査や培養検査(検査室で、血液、体液、その他の感染部位から採取したサンプルから微生物を増殖させること)を行うことがあります。ウイルスの遺伝物質のコピーを多数作り出すために、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法が用いられることもあります。この方法によって、医師がウイルスをすばやくかつ正確に特定しやすくなります。血液を検査して、抗原(ウイルスの表面または内部に存在し、体の防御機能を作動させるタンパク)の有無を調べることもあります。ウイルスに対する抗体の有無を調べるために、血液検査を行う場合もあります。(抗体とは、特定の異物による攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)検査は通常、迅速に行われ、その感染症が公衆衛生上の深刻な脅威である場合や症状が重い場合は特に迅速な対応がとられます。

血液やその他の組織のサンプルを、高倍率で明瞭に観察できる電子顕微鏡で調べる場合もあります。

予防

ウイルス感染症の予防には以下のものがあります。

  • 一般的な対策

  • ワクチン

  • 免疫グロブリン製剤

一般的な対策

ウイルス感染症の予防には、個人が自らや他者を守るために常識的な対策(個人レベルの対策)をとることが助けとなります。どのような対策をとるのが良いかは、ウイルスがどのように広がるかによって変わります。対策には以下のものがあります。

ワクチン

一般的に使用されているウイルスワクチンには以下のものがあります。

ウイルス性の病気は、良いワクチンがあれば根絶することができます。天然痘 天然痘 天然痘は、天然痘ウイルスが引き起こす、感染性、致死性ともに非常に高い病気です。この病気は現在では根絶されています。 1977年以来、天然痘は発生していません。 感染者が呼吸やせきで排出した空気を吸い込むことで感染します。 発熱、頭痛、背部痛、発疹、またときには重度の腹痛が生じ、非常に体調が悪くなります。... さらに読む 天然痘 は1978年に根絶されました。ポリオ ポリオ ポリオとは、非常に感染性が強く、死に至ることのあるエンテロウイルス感染症で、神経を侵して永久的な筋力低下や麻痺などの症状が生じます。 ポリオはウイルスが原因で生じる病気で、通常は汚染された食べものや水を飲食したり、汚染されたものを触った後にその手で口に触れたりすることで感染します。... さらに読む もほとんどすべての国で根絶されましたが、物流や宗教的な感情によってワクチン接種に支障をきたしているようないくつかの国ではまだ残っています。麻疹(はしか) 麻疹(はしか) 麻疹は非常に感染力の強いウイルス感染症で、様々な症状と特徴的な発疹が現れます。 麻疹の原因はウイルスです。 症状としては、発熱、鼻水、頻発する空せき、目の充血、かゆみを伴う赤い発疹などがみられます。 診断は、典型的な症状と特徴的な発疹に基づいて下されます。 ほとんどの小児が回復しますが、まれに麻疹により死亡したり脳に損傷が生じたりすること... さらに読む 麻疹(はしか) も世界の一部の地域(アメリカ大陸など)ではほぼ根絶されています。ただし、麻疹は感染力が高く、麻疹が根絶されたと考えられている地域であってもワクチンの接種率が100%ではないことから、すぐに完全に根絶される可能性は低いと考えられます。

免疫グロブリン製剤

以下のような人の血液から免疫グロブリンを収集することができます。

  • 全般的に健康な人(この免疫グロブリンはpooled human immunoglobulinと呼ばれます)

  • 過去に感染したことがあるなど、特定の感染微生物に対する抗体を大量にもっている人(この免疫グロブリンは高力価免疫グロブリンと呼ばれます)

高力価免疫グロブリンは、いくつかの感染症に対してのみ利用可能です(B型肝炎、狂犬病、破傷風、水痘[水ぼうそう]など)。

免疫グロブリンは、筋肉内または静脈内に投与されます。免疫グロブリンによる免疫の効力が持続するのは数日から数週間で、注入した抗体はやがて人体から排除されます。

狂犬病やB型肝炎に対するものなど、免疫グロブリン製剤やワクチンの中には、ウイルスにさらされた後に、発症の予防や発症時の重症化の予防を目的として投与することが可能なものもあります。

治療

  • 症状を改善する治療(対症療法)

  • ときに抗ウイルス薬

症状を改善する治療(対症療法)

多くのウイルスには特別な治療法がありません。しかし、以下のように様々な方法で特定の症状を和らげることができます。

  • 脱水:十分な水分補給、ときに静脈から投与する輸液

  • 下痢:ときにロペラミド

  • 発熱と痛み:アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)

  • 吐き気と嘔吐:澄んだ液体の流動食やときにオンダンセトロンなどの制吐薬(吐き気止め)

  • 発疹(一部のもの):鎮痛作用のあるクリームや保湿クリームの塗布、ときにかゆみを抑える抗ヒスタミン薬の経口投与

  • 鼻水:ときにフェニレフリンやフェニルプロパノールアミンなどの鼻閉改善薬

  • のどの痛み:ときに、のどを麻痺させる作用のあるアミノ安息香酸エチルやジクロニン(dyclonine)を含むトローチ

こうした症状がみられる人すべてに治療が必要なわけではありません。軽症の場合は、自然に解消されるのを待つ方がよい場合もあります。乳幼児に適さない治療法もあります。

抗ウイルス薬

ウイルス感染症を治療するための薬を抗ウイルス薬と呼びます。多くのウイルス感染症には、効果的な抗ウイルス薬がありません。しかし、インフルエンザに対しては数種類の薬 治療 インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる肺と気道のウイルス感染症です。感染すると、発熱、鼻水、のどの痛み、せき、頭痛、筋肉痛、全身のだるさ(けん怠感)が生じます。 ウイルスは、感染者のせきやくしゃみで飛散した飛沫を吸い込んだり、感染者の鼻の分泌物に直接触れたりすることで感染します。... さらに読む があり、1種類または複数種類のヘルペスウイルス感染症に対しては多くの薬があり( ヘルペスウイルス感染症に対する主な抗ウイルス薬 ヘルペスウイルス感染症に対する主な抗ウイルス薬 よくみられるウイルス感染症の1つに、ヘルペスウイルスによるものがあります。人間に感染するヘルペスウイルスには、以下の8種類があります。 単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルス(ヘルペスウイルス3型、水痘や帯状疱疹の原因となる)の3種類は、皮膚や粘膜に水疱を作る感染症を引き起こ... さらに読む )、HIV感染症 治療 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む 治療 HIV感染症の治療薬 HIV感染症の治療薬 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすことのあるウイルス感染症です。 HIVは、ウイルスやウイルスに感染した細胞を含む体液(血液、精液、腟分泌液)と濃厚に接触することで感染します。 HIVはある種の白血球を破壊し、感染症やがんに対する体の防御機能を低下させます。... さらに読む HIV感染症の治療薬 )とC型肝炎 治療 慢性肝炎は、肝臓の炎症が最低6カ月以上持続する病気です。 一般的な原因としては、B型およびC型肝炎ウイルス、特定の薬などがあります。 多くの場合は無症状ですが、全身のだるさ、食欲不振、疲労などの漠然とした症状がみられることもあります。 慢性肝炎の結果、門脈圧亢進症と肝不全を伴う肝硬変が生じることがあります。 さらに読む の治療にも多数の新しい抗ウイルス薬があります。

抗ウイルス薬の多くは、ウイルスの複製を抑えることで作用します。HIV感染症 の治療薬は、ほとんどがそのように作用します。ウイルスは非常に小さく、感染した細胞内でその細胞の代謝機能を利用して自らを複製するため、抗ウイルス薬では少数の代謝機能しか攻撃できません。一方、細菌は比較的大きな生物であり、一般に細胞の外で自ら増殖するため、抗菌薬(抗生物質)で多くの代謝機能を攻撃することができます。そのため、抗ウイルス薬の開発は、抗菌薬の開発よりはるかに困難です。さらに、抗菌薬は多種の細菌に対して効果的なことが多いですが、それとは異なり、ほとんどの抗ウイルス薬はそれぞれが1種類の(またはごく少数の)ウイルスにしか効きません。

抗ウイルス薬は人の細胞に対して毒性をもつことがあります。また、ウイルスが抗ウイルス薬に対し耐性をもつようになることもあります。

ほとんどの抗ウイルス薬は服用する(飲む)ことができます。また静脈内注射や筋肉内注射でも投与できるものがあります。軟膏剤、クリーム剤、点眼薬として投与するものや、粉末として吸入するものもあります。

抗菌薬はウイルス感染症には効きませんが、ウイルス感染症に加えて細菌感染症も発生している場合には、しばしば必要になります。

インターフェロンは、体内で自然に作られる、ウイルスの複製を遅らせたり止めたりする物質を模倣したものです。このような薬は以下のようなウイルス感染症の治療に用いられます。

インターフェロンには、発熱、悪寒、筋力低下、筋肉痛などの副作用が生じることがあります。副作用は通常、最初の注射後7~12時間で発現し、最長で12時間持続します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP