Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

デングウイルス感染症

執筆者:

Thomas M. Yuill

, PhD, University of Wisconsin-Madison

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

デングウイルス感染症は蚊が媒介するウイルス感染症で、発熱と全身の痛みを引き起こし、重症の場合は、体の内外で出血が起こります(デング出血熱)。

  • 世界では約5000万~1億人がデングウイルス感染症を発症し、約2万人が死亡しています。

  • 症状は重症度によって異なりますが、発熱、悪寒、重度の頭痛、眼を動かしたときの痛み、極度の疲労、全身の重度の痛みなどがみられます。

  • デング出血熱と呼ばれる、より重症の病型では、鼻や口、消化管、刺し傷から出血が起きます。

  • デングウイルス感染症を診断するには、血液検査でウイルス自体またはウイルスに対する抗体を確認します。

  • メキシコ、ブラジル、タイなどの一部の国々ではワクチンが使用可能になっていますが(米国では使用できません)、医師はデングウイルス感染症にかかったことがある人にだけワクチンを接種する傾向があります。

  • デングウイルス感染症の治療では、症状の緩和に加え、デング出血熱の場合、輸液と血液製剤の静脈内投与に重点が置かれます。

デングウイルス感染症は世界中の熱帯地域や亜熱帯地域でよくみられます。最も多いのは東南アジアですが、中南米や他の国々でも増えつつあります。この病気は、カリブ海地域(プエルトリコや米領バージン諸島など)、オセアニア、インド亜大陸で発生しています。この感染症はフラビウイルスによって引き起こされ、蚊によって媒介されます。

デングウイルス感染症の拡大には、次のようないくつもの要素が関係しています。

  • 気候が変化し、蚊の生息地域が増加した

  • このウイルスを運ぶ蚊がまん延している

  • 効果的なワクチンがない

世界では毎年、5000万~1億人が発症し、約2万人が死亡しています。ただし、米国での発生数は年間100~200件ほどに過ぎず、ほぼすべてが発生地域から戻った旅行者によってもち込まれたものです。このような旅行者がヤブカ(Aedes属)のいる地域に住んでいる場合、蚊がその旅行者を刺し、その地域に住んでいる他の人を刺す可能性があります。こうしてデングウイルスは他の人にうつっていきます(地域内伝播と呼ばれます)。ハワイ、フロリダ、ロングアイランド(ニューヨーク)、テキサスで、地域内伝播したデングウイルス感染症の症例がいくつか発生しています。

デングウイルスには4つの種類(血清型)があります。いずれかの血清型のウイルスに感染すると、その後長期にわたって同じ血清型のウイルスには感染しにくくなりますが、血清型が異なるウイルスには限られた抵抗力が一時的に得られるだけです。

症状

デングウイルス感染症の症状は通常、感染した蚊に刺された3~15日後に現れます。

デングウイルス感染症の重症度はまちまちです。デングウイルス感染症の症状は通常、突然始まり、発熱、悪寒、重度の頭痛、眼を動かしたときの痛み、極端な疲労、全身の重度の痛み(特に背部、脚、関節)などがみられます。このような痛みはしばしば強烈で、デングウイルス感染症が骨折熱と呼ばれるほどです。

リンパ節が腫れ、発疹が現れて一時的に顔が紅潮して赤く見えるようになることがあります。

症状は2~3日続き、その後に治まります。通常は約24時間にわたって具合がよくなります。その後、再び発熱し、斑状の赤い発疹がまず手の甲と足の甲に現れ、続いて腕、脚、体幹に広がっていくことがあります。

症状の重い患者は、数週間にわたって脱力を感じることがあります。死亡することはめったにありません。

デング出血熱

デング出血熱はより重症のデングウイルス感染症です。この病気は主に、デングウイルス感染症の流行地域に住む10歳未満の小児にみられます。デング出血熱はデングウイルスへの2回目の感染によって発生します。患者の免疫系が2回目の感染に激しく反応し、血管を傷つけて、体液や血液の漏出を引き起こします。血管から肺に体液がしみ出し、呼吸困難になることもあります。

鼻や口、消化管、刺し傷からの出血が生じます。また、患者が吐血したり、便に血が混じることもあります。皮膚の下で起こった出血が、ときに紫がかった点や斑点として現れます。

治療を受けなければ、病状は急速に悪化し、血圧が非常に低くなってショックにつながることもあります。経験を積んだ医師の治療を受けた場合、デング出血熱で死に至る患者の割合は1%未満です。しかしそうした治療を受けなければ、およそ30%が死亡します。

診断

  • 血液検査

デングウイルス感染症の流行地域に住んでいる人や旅行したことがある人に典型的な症状が現れた場合、デング熱が疑われます。

通常、診断は血液検査でウイルスに対する抗体を調べる検査で下されます。(抗体とは、デングウイルスのような特定の異物による攻撃から体を守るために免疫系が作り出すタンパクです。)

予防

デングウイルス感染症の流行地域に住んでいる人は、蚊に刺されないよう予防する必要があります。

デングウイルス感染症の患者は、2回目の発熱が治まるまで蚊帳の中で過ごすようにします。この対策は、蚊によってさらに感染が広がるのを防ぐのに役立ちます。

デングウイルスワクチン

デングウイルスワクチンは、メキシコ、ブラジル、タイ、その他いくつかの国で利用できますが、米国では利用できません。

過去に軽度のデングウイルス感染症にかかった人にワクチンを接種すると、その人が再び感染したときに重度の病気(デング出血熱)を発症するリスクが低くなります。しかし、デングウイルス感染症にかかったことがない人にワクチンを接種すると、その人がその後デングウイルスに感染した場合、より重症化するリスクが高まるようです。そのため、医師は、以前にデングウイルス感染症にかかった人にのみワクチンを接種する傾向があります。しかし、デングウイルス感染症がよくみられる国の多くでは、ワクチンを接種する前に常にデングウイルス感染症の血液検査を行えるとは限りません。

ほかにも数種類のデングウイルスワクチンが研究されています。

治療

  • 鎮痛薬

  • デング出血熱には、水分補給

デングウイルス感染症に対して効果的な抗ウイルス薬はありません。治療では症状の緩和に重点が置かれます。熱を下げ、筋肉痛を軽減するために、アセトアミノフェンを使用することがあります。ただし、アスピリンなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は、出血が起こりやすくなることがあるため、使用を避けるべきです。さらに、アスピリンは小児のライ症候群のリスクを高めるため、小児には投与しません。

デング出血熱の場合は、静脈から輸液を行うことで血圧を上げて維持し、それによりショックを予防します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP