Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

膵島移植

執筆者:

Martin Hertl

, MD, PhD, Rush University Medical Center

医学的にレビューされた 2020年 6月
プロフェッショナル版を見る

膵島移植とは、死亡した直後の人から膵臓を手術で摘出し、膵臓から膵島細胞を分離した後、膵臓から十分なインスリンがつくられなくなった重度の糖尿病の人に注射することです。

膵島移植は、糖尿病患者の膵臓がインスリンを十分に産生できなくなった場合に選択肢となります。膵臓の中でインスリンを産生している細胞を膵島細胞といいます。

方法

死亡したドナーの膵臓から膵島細胞を取り出して、レシピエントの肝臓につながる静脈に注入することで移植します。すると移植された膵島細胞は肝臓の中の細い血管にとどまり、そこで機能してインスリンを産生します。2~3回、静脈に注入することもありますが、そのためには死亡したドナー2~3人からの膵島細胞が必要になります。拒絶反応のリスクを低下させるために、コルチコステロイドなど免疫系を抑制する薬(免疫抑制薬 免疫系の抑制 移植とは、生きて機能している細胞、組織、臓器を体から摘出して、同じ人間の別の部分、または別の人間の体に移し替えることをいいます。 一番よく行われている移植は 輸血です。毎年、何百万人もが治療として輸血を受けます。しかし、一般には移植というと臓器(実質臓器移植)や組織の移植を指します。... さらに読む )が必要になります。

慢性膵炎 慢性膵炎 慢性膵炎は長期間続く膵臓の炎症で、膵臓の構造と機能に回復不能な悪化が生じます。 飲酒と喫煙が慢性膵炎の2大原因です。 腹痛は持続する場合もあれば、現れたり消えたりする場合もあります。 診断は症状、急性膵炎の再発歴と飲酒歴、ならびに画像検査と膵機能検査の結果に基づいて下されます。 治療としては、禁酒と禁煙、食事の変更、膵酵素サプリメントの服用、痛みを緩和する対策を行います。 さらに読む などの病気で膵臓を摘出しなければならなくなった。患者は、それまで糖尿病ではなかったとしても、膵臓を摘出したことで糖尿病になります。これを防ぐために、摘出した患者の膵臓から膵島細胞を集めることができる場合があります。この膵島細胞を膵臓を失った患者の体に戻します(自家移植)。細胞は患者本人のものなので、免疫抑制薬は不要です。

合併症

移植によってその他の合併症が生じます。具体的には、血液を肝臓へ運ぶ静脈(門脈)の出血や血栓などがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP