Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

免疫療法

執筆者:

Peter J. Delves

, PhD, University College London, London, UK

最終査読/改訂年月 2017年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

免疫療法では、免疫系の構成要素を模した薬が用いられます。病気とたたかうためのこのような薬は、急速に進歩しています。

いくつかの種類(クラス)の免疫療法の薬が開発されています。最も一般的なクラスの1つにモノクローナル抗体があります。

モノクローナル抗体(mAbs)は、研究室でつくられる抗体で、求められる抗体をつくるために改変された生きた細胞からつくられます。人の血流に注入されると、体内でつくられた抗体のようにふるまいます。モノクローナル抗体は通常、がん細胞や関節リウマチなどの病気で炎症を引き起こす物質を攻撃するようにつくられます。

モノクローナル抗体は以下のために用いられます。

モノクローナル抗体はしばしば免疫系を抑制するために用いられることから、感染のリスクが高まるなどの重大な副作用が生じることがあります。

免疫系の概要も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP