honeypot link

Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

乳児一過性低ガンマグロブリン血症

執筆者:

James Fernandez

, MD, PhD, Cleveland Clinic Lerner College of Medicine at Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

乳児一過性低ガンマグロブリン血症では、乳児において正常量の抗体(免疫グロブリン)の産生が遅れます。

免疫不全疾患の概要も参照のこと。)

一般的に、出生時には免疫系は完全には発達していません。乳児がもつ免疫グロブリンのほとんどは母体が産生し、出生前に胎盤を介して胎児に移行したものです。乳児が自分で抗体をつくり始める生後6カ月頃までは、この母親からの免疫グロブリンが乳児を感染症から守ります。乳児が抗体をつくり始める頃になると母親からの免疫グロブリンは減少し始めます。

乳児一過性低ガンマグロブリン血症の乳児では、正常量の免疫グロブリンの産生が遅れます。その結果、免疫グロブリンの量が生後3~6カ月から少なくなり始め、正常に戻るのが生後12~36カ月頃になります。

乳児一過性低ガンマグロブリン血症は、重篤な感染症に至ることはまれであり、真の免疫不全とは考えられていません。しかし、一部の乳児は、副鼻腔、肺、消化管の反復性感染症、カンジダ症(真菌感染症)、髄膜炎などを発症します。

この病気は未熟児によくみられますが、これは未熟児では母体から受け取る免疫グロブリンの量が少ないためです。

免疫グロブリンの量を測定するとともに、ワクチンに反応して免疫グロブリンを産生する能力を調べるために血液検査を行います。通常この病気の乳児では、接種したワクチンやさらされた感染性微生物に反応して正常な量の抗体が産生されます。しかし、乳児(特に未熟児)において頻繁に感染がみられる場合は、さらなる感染の発生を防ぐために抗菌薬を投与することがあります。

この病気は数カ月から数年にわたり続くことがありますが、通常は治療を行わなくても自然に消失します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP