Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

がんの警戒すべき徴候

執筆者:

Robert Peter Gale

, MD, PhD, Imperial College London

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

がんによって現れる症状は、軽微なものから重いものまで様々です。(がんの概要がんの症状も参照のこと。)

乳房の痛みのないしこりなど、一部の症状はがんの早期に現れますので、がんの警戒すべき徴候として重要で、医師の診察を受ける必要があります。体重減少や発熱など、がんが進行した後にのみ現れる症状もあります。また排便習慣の変化、血便、嚥下(えんげ)困難など、体の特定の部位にできたがんを示す徴候となる症状もあります。

がんはあまり進行していないうちに治療を開始すれば治癒の可能性が高くなるため、早期発見が極めて重要です。いくつかの症状はがんの早期の警告になることがあるため、医療機関を受診するきっかけとするべきです。幸いにも、こうした症状の大半は、がんよりはるかに軽い病気によって生じているのが通常です。それでもなお、警戒すべきがんの徴候がみられた場合には、無視してはいけません。

警戒すべき徴候の一部は一般的な変化です。これはつまり、特定のがんを正確に突き止めるのには役に立たない漠然とした変化ということです。しかし、それらがみられるという事実は、がんの診断を否定したり確定したりするために必要な身体診察と臨床検査を行うという医師の判断に役立ちます。一方で、もっと特徴的で、医師ががんの種類や部位を特定する手がかりになる症状もあります。

がんの警戒すべき徴候としては、以下のものがあります。

  • 原因不明の体重減少

  • 疲労

  • 寝汗

  • 食欲不振

  • 新たに生じた持続する痛み

  • 繰り返す吐き気や嘔吐

  • 尿への血液の混入

  • 血便(見て分かるもの、または特別な検査で検出できるもの)

  • 排便習慣が最近変化した(便秘、下痢)

  • 発熱を繰り返す

  • 慢性的なせき

  • ほくろの大きさや色の変化、治らない皮膚潰瘍の変化

  • リンパ節の腫れ

  • 治らないただれ

  • 大きくなったり見た目が変わったりする皮膚のできものやしみ

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP