Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

がんの診断

執筆者:

Robert Peter Gale

, MD, PhD, DSC(hc), Imperial College London

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

患者の症状と身体診察の結果、ときにスクリーニング検査の結果に基づいて、医師はがんを疑います。外傷など、別の理由で撮影されたX線画像で、がんが疑われる異常が見つかることもときにあります。がんの存在を確定するには、他の検査(診断検査)が必要になります。

がんであることが診断されたら、がんの病期分類(ステージング)が行われます。病期とは、がんの大きさや、隣接する組織に広がっているかどうか、またはより遠く離れたリンパ節や臓器に転移しているかどうかといった基準で、がんの進行の程度を示すものです。

がんのスクリーニング

スクリーニング検査 スクリーニング検査 多くの様々な病気で同じような症状が現れることがあるため、原因を特定するのは医師にとって困難な場合があります。医師はまず、問診と診察によって基本的な情報を集めます。たいていの場合、診断を下すにはこれだけで十分です。少なくとも、基本的な情報によって、可能性のある診断のリストを絞り込み、行う必要のある検査の数を減らすことができます。可能性のある診断のリストをまず絞り込む前に検査を行った場合、費用がかかったり、誤った診断のリスクを高めたり、患者... さらに読む は、症状がまだ現れない段階で、病気があるかどうかの可能性を調べるために行う検査です。スクリーニング検査は、通常は決定的なものではありません。その結果は、さらなる診察や検査によって確定されたり否定されたりします。医師ががんを疑えば、 診断検査 がんの診断 患者の症状と身体診察の結果、ときにスクリーニング検査の結果に基づいて、医師はがんを疑います。外傷など、別の理由で撮影されたX線画像で、がんが疑われる異常が見つかることもときにあります。がんの存在を確定するには、他の検査(診断検査)が必要になります。 がんであることが診断されたら、がんの病期分類(ステージング)が行われます。病期とは、がんの大きさや、隣接する組織に広がっているかどうか、またはより遠く離れたリンパ節や臓器に転移しているかどう... さらに読む が行われます。

スクリーニング検査はがんによる死を防ぐ一助にはなりますが、費用が高いことがあり、ときには心や体に負担がかかります。スクリーニング検査では、「偽陽性(ぎようせい)」または「偽陰性(ぎいんせい)」という結果が出ることがあります。

  • 偽陽性:実際にはがんがないのに、がんがあることを示す結果が出ること

  • 偽陰性:実際にはがんがあるのに、それが一切示されない結果が出ること

偽陽性の結果は、不要な精神的ストレスを生じさせたり、費用が高くリスクを伴う他の検査につながることがあります。偽陰性の結果は、がんのある人に誤った安心感を与えます。こうした理由で、医師が通常用いるのに十分な信頼性があるとみなされているスクリーニング検査はわずかしかありません。

医師はスクリーニング検査を行うことを決める前に、対象となる人の年齢や性別、家族歴、既往歴、生活習慣から、その人に特別ながんのリスクがあるかどうかを判定します。米国がん協会はがんスクリーニング検査のガイドラインを提供しており、広く利用されています。また、他の団体が作成したガイドラインもあります。団体によって推奨の内容が異なる場合がありますが、こうした違いは、各団体の専門家が個々の科学的証拠の強さや重要度をどう評価するかによって生じたものです。

一部のスクリーニング検査は、通常の身体診察の一貫として行われます。医師は甲状腺やリンパ節に触れて、腫瘍がないか調べることがあります。歯科医は口腔内や舌を診察して、口腔がんの徴候がないか調べます。

女性では、広く行われる2つのスクリーニング検査として、子宮頸がんを発見するための 子宮頸部細胞診(パパニコロウ検査) 子宮頸がんのスクリーニング検査 医師は、 スクリーニング検査を勧めることがあります。スクリーニング検査とは、症状がない人に対して病気の有無を調べるために行われる検査です。女性に生殖器系に関連する症状(婦人科疾患の症状)がある場合、症状を引き起こしている病気を特定するための検査(診断目的の検査)が必要になることがあります。 婦人科領域では以下の2つのスクリーニング検査が重要です。 子宮頸がん(子宮の下部のがん)の有無を調べるためのパパニコロウ検査のような細胞診... さらに読む 子宮頸がんのスクリーニング検査 と、乳がんを発見するための マンモグラフィー マンモグラフィー 乳がんは、乳房の細胞が異常をきたし制御不能に分裂することで発生します。通常は、乳汁を作る乳腺(小葉)または乳腺から乳頭(乳首)へ乳汁を運ぶ乳管にがんが発生します。 乳がんは、女性がかかるがんの中で発症数が最も多く、がんによる死亡の中では第2位を占めています。 通常、最初に現れる症状は痛みのないしこりで、自分で気づくことがほとんどです。 乳がんスクリーニングの推奨は様々で、定期的なマンモグラフィー、医師による乳房の診察、乳房自己検診などが... さらに読む マンモグラフィー があります。どちらのスクリーニング検査も、特定の年齢層でこれらのがんによる死亡率を下げることに成功しています。

男性では、 前立腺がんのスクリーニング スクリーニング 前立腺がんのリスクは年齢とともに高くなります。 排尿困難、頻尿や急な尿意、血尿などの症状は通常、がんが進行するまで現れません。 この種のがんは転移する可能性があり、最も転移しやすい部位は骨とリンパ節です。 スクリーニング検査には議論の余地がありますが、症状のない男性で前立腺がんの可能性をチェックするためには、手袋をはめた指で直腸内から前立腺を診察する直腸指診や血液検査(PSA)を行います。... さらに読む スクリーニング のために、前立腺特異抗原(PSA)の血中濃度が用いられることがあります。PSAの値は前立腺がんのある人で高いことがよくありますが、がんではない良性の前立腺肥大症がある場合でも値が上昇します。そのため、スクリーニング検査として用いる場合の主な欠点は、偽陽性の判定が多く出ることで、偽陽性の判定を受けると、通常は前立腺生検などの体への負担が大きな検査を受けることになります。現在では、生検でみつかったすべての前立腺がんが症状を引き起こすようになるわけではないという認識が医師の間で広がっています。PSA検査を前立腺がんのスクリーニングのために一般的に用いるべきかどうかについては結論が出ておらず、各団体による推奨は様々です。50歳以上の男性は、PSA検査について主治医に相談するべきです。

一般的な 結腸がんのスクリーニング検査 スクリーニング検査 大腸がんのリスクは、家族歴や食事に関する一部の要因(低繊維、高脂肪)によって高まります。 典型的な症状としては、排便時の出血、疲労、筋力低下などがあります。 50歳以上の人ではスクリーニング検査が重要です。 診断を下すために大腸内視鏡検査がよく行われます。 早期に発見された場合に最も高い治癒の可能性があります。 さらに読む スクリーニング検査 としては、便の中に肉眼では見えない血液(潜血)がないか確認します。便の中に潜血が発見された場合は、消化管のどこかに問題があることが想定されます。その問題ががんである可能性がありますが、潰瘍、痔核、憩室(けいしつ、結腸壁に小さな袋状のくぼみが形成される病気)、腸壁の血管の異常など、多くの病気も便に少量の血液が混じる原因になります。また、アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を使用した場合や、赤身肉を食べただけでも、一時的に検査結果が陽性になることがあります。特定の果物や野菜(カブ、カリフラワー、ブロッコリー、メロン、ラディッシュ、パースニップ)を生で食べると、一部の古い検査法で陽性の結果が出る場合があります。従来とは異なる方法で潜血を調べる新しいスクリーニング検査では、こうした誤検出がはるかに起こりにくくなっています。結腸がんのスクリーニング検査では、S状結腸鏡検査、大腸内視鏡検査、結腸の特殊なCT(コンピュータ断層撮影)検査(CTコロノグラフィー)など、入院を必要としない方法もよく用いられます。

一部のスクリーニング検査は自宅で行うことが可能で、例えば専用のカードに少量の便を付けて検査室に郵送して処理してもらうことで、便に血液が含まれていないか調べる方法などがあります。異常な結果が出た場合は確認のために速やかに医師の診察を受けるべきです。

腫瘍マーカーは、特定の腫瘍から血液中に分泌される物質です。当初、腫瘍マーカーの濃度測定は、症状がない人に対してがんのスクリーニングを行うための極めて優れた方法になると考えられていました。しかし、がんのない人の血液中にも、しばしばある程度の腫瘍マーカーが存在しています。腫瘍マーカーが検出されてもがんがあるとは限らず、がんのスクリーニングにおいて腫瘍マーカーの役割は非常に限られています。

がんの診断

通常、最初にがんが疑われた際には、 X線検査 単純X線検査 X線は高エネルギーの放射線で、程度の差こそあれ、ほとんどの物質を通過します。医療では、極めて低線量のX線を用いて画像を撮影し、病気の診断に役立てる一方、高線量のX線を用いてがんを治療します(放射線療法)。 X線は単純X線検査のように単独で使用することもありますが、 コンピュータ断層撮影(CT)などの他の手法と組み合わせて使用することもあります。( 画像検査の概要も参照のこと。)... さらに読む 超音波検査 超音波検査 超音波検査は、周波数の高い音波(超音波)を用いて内臓などの組織の画像を描出する検査です。プローブと呼ばれる装置で電流を音波に変換し、この音波を体の組織に向けて発信すると、音波は体内の構造で跳ね返ってプローブに戻ります。これは再度、電気信号に変換されます。コンピュータが、この電気信号のパターンをさらに画像に変換してモニター上に表示するとともに、コンピュータ上のデジタル画像として記録します。X線は使用しないため、超音波検査で放射線にさらされ... さらに読む 超音波検査 CT検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査 CT検査(以前はCAT検査とよばれていました)では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度からX線により計測されたものであり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとは... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査 (コンピュータ断層撮影検査)などの画像検査が行われます。例えば、慢性的なせきと体重減少がみられる患者では、胸部X線検査が行われることがあります。繰り返す頭痛と視覚障害がみられる患者では、脳のCT検査や MRI検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。( 画像検査の概要も参照のこと。) 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるよう... さらに読む MRI(磁気共鳴画像)検査 (磁気共鳴画像検査)が行われることがあります。これらの検査は異常な組織のかたまりの存在や位置、大きさを明らかにすることができますが、原因ががんだとは確定できません。

生検

がんが確定するのは、針生検や手術で腫瘍の一部が採取され、疑わしい領域からのサンプルが顕微鏡で検査され、がん細胞の存在が確認されたときです。通常、このサンプルには組織片を用いる必要がありますが、血液を調べるだけで十分な場合もあります(白血病など)。組織サンプルを採取することを生検と呼びます。

生検ではメスで組織の小片を切り取ることもありますが、中空の針を用いてサンプルを採取する方法が非常によく行われます。一般的に、こうした検査は入院する必要がなく日帰りで行われます(外来検査)。医師はしばしば超音波やCTを利用して、針を正しい位置に誘導します。生検は痛みを伴うことがあるため、普通は局所麻酔で対象となる部分を麻痺させてから行われます。

腫瘍マーカー

診察での所見や画像検査の結果からがんが疑われる場合、腫瘍マーカー(特定の腫瘍によって血液中に分泌される物質)の血中濃度を測定すると、がんの診断を裏付ける証拠やそれを否定する証拠がさらに得られることがあります。特定のがんと診断されている人の場合は、治療の有効性のモニタリングとがんの再発の有無を知るために腫瘍マーカーが役立つことがあります。一部のがんでは、腫瘍マーカーの値は治療後に低くなり、がんが再発すると高くなります。

一部の腫瘍マーカーは、血液中では測定できませんが、かわりに腫瘍の細胞にみられます。このようなマーカーは、生検のサンプルの組織を調べることでみつかります。腫瘍の細胞にみられる腫瘍マーカーの例としては、HER2やEGFRがあります。

がんの病期診断

がんが診断された場合、病期診断のための検査が、がんの位置や大きさ、周囲の組織への浸潤の程度、他の部位への転移の状況からがんの進行状況を判定する役に立ちます。がん患者はときに、病期診断のための検査を受けている間、すぐに治療を始めてほしいと望み、気が急いて不安を感じることがあります。しかし、病期診断によって医師は最適な治療方法を見定めることができ、また予後を判定するのにも役立ちます。

病期診断では、X線検査、CT検査、MRI検査、放射性物質を用いた骨シンチグラフィー、PET(陽電子放出断層撮影)検査などの画像検査が用いられることがあります。どの検査を用いるかは、がんの種類によって異なります。CT検査は脳や肺、および副腎、リンパ節、肝臓、脾臓といった腹部臓器など、体内の様々な部位のがんを検出するのに用いられます。MRI検査は脳、骨、脊髄のがんの検出に特に有用です。

病期診断の目的で腫瘍の存在を確認するために生検が必要になることが多く、また初回の がんの手術 がんの手術 手術は、がんに対して昔から用いられてきた治療法です。大半のがんでは、リンパ節や遠く離れた部位に転移する前に除去するには、手術が最も効果的です。手術のみを行う場合もあれば、 放射線療法や 化学療法などの治療法と併用する場合もあります( がん治療の原則も参照)。医師は以下の他の治療を行うことがあります。 手術前に腫瘍を小さくする治療(術前補助療法) 手術後にできるだけ多くのがん細胞が除去されるようにする治療(術後補助療法)... さらに読む 時に生検が一緒に行われることもあります。例えば、結腸がんを切除する開腹手術の際に、がんの転移がないか確認するために付近のリンパ節が摘出されることがあります。乳がんの手術中には、わきの下(腋窩[えきか])にあるリンパ節(がんが転移する可能性が高い最初のリンパ節で、センチネルリンパ節とも呼ばれる)が生検または摘出され、そこにがんが転移しているかどうかが判定されます。転移の証拠は、原発腫瘍の特徴とともに、医師がさらなる治療が必要かどうかを判断する役に立ちます。

初回の生検、身体診察、画像検査の結果のみに基づいて診断された病期は、臨床病期といいます。手術の結果または追加で行われた生検の結果から診断された病期は、病理学的病期または外科的病期といいます。臨床病期と病理学的(外科的)病期は異なる場合があります。

画像検査に加え、がんが肝臓や骨、腎臓を侵し始めているかどうかを確認するために血液検査が行われることがよくあります。

がんの悪性度

悪性度とは、がんが増殖したり広がったりする速さ(侵攻性と呼ばれます)の尺度です。がんの悪性度は、医師が予後(経過の見通し)を判定するのに役立ちます。悪性度は、生検で採取した組織サンプルを調べることで判定されます。悪性度は、顕微鏡検査でがん細胞の見た目が異常に見える度合いに基づきます。細胞の見た目が異常なほど侵攻性が高くなります。多くのがんについて、悪性度の評価尺度がつくられています。

さらなる情報

役立つ可能性がある英語の資料を以下に示します。こちらの情報源の内容について、MSDマニュアルでは責任を負いませんのでご了承ください。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP