Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

がんの概要

執筆者:

Robert Peter Gale

, MD, PhD, Imperial College London

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

がんは、細胞が異常に増殖する病気です(通常は1つの異常な細胞から発生します)。がん細胞は正常な制御メカニズムを失っているため、増殖を続けたり、周辺の組織に侵入したり、体の離れた部位に移動したり、がん細胞が栄養を獲得できるように新しい血管の成長を促したりすることができます。悪性(がん)細胞は全身のあらゆる組織から発生する可能性があります。

がん細胞が成長し増殖するにつれて、腫瘍と呼ばれるがん組織のかたまりとなり、周囲の正常な組織に侵入し、破壊します。「腫瘍」は異常な増殖物や組織のかたまりを意味する医学用語です。腫瘍には悪性のものと良性のものがあります。がん細胞は、最初に発生した部位(原発部位)から全身に広がることがあります(転移)。

がんの種類

がん化した組織(悪性腫瘍)は、血液や造血組織に由来する造血器腫瘍(白血病やリンパ腫)と、悪性細胞がかたまりを作った固形腫瘍に分けられ、後者を指して「がん」という言葉を使うのが一般的です(両者を合わせて「がん」と呼ぶ場合もあります)。この意味におけるがん(固形がん)は、がん腫(カルシノーマ)と肉腫に分けることができます。

白血病リンパ腫は、血液、造血組織、免疫系の細胞に由来する悪性腫瘍です。白血病は、血液を構成する細胞(血球)から発生する病気で、異常な血球が増えすぎる結果として、骨髄で正常な血球がつくられなくなります。リンパ腫の腫瘍細胞は、リンパ節に広がり、わきの下や鼠径部(そけいぶ)、腹部、胸部に大きなかたまりを形成します。

がん腫は、皮膚、肺、消化管、内臓の表面を覆っている細胞のがんです。がん腫には、皮膚がん、肺がん、結腸がん、胃がん、乳がん、前立腺がん、甲状腺がんなどがあります。がん腫は、一般的には若い人よりも高齢の人に多く発生します。

肉腫は、中胚葉由来の細胞のがんです。中胚葉由来の細胞は、正常な場合、筋肉、血管、骨、結合組織を形成します。肉腫には、平滑筋肉腫(消化器の壁にみられる平滑筋のがん)、骨肉腫(骨のがん)などがあります。肉腫は、一般的には高齢の人よりも若い人に多く発生します。

icon

男女それぞれによくみられるがん*

性別

がん

男性

女性

*一番上のものが最もよくみられ、以下多くみられる順に並べてあります。この順序は米国がん協会(ACS)の2018年推定値に基づいています。皮膚がんはおそらく男女で最もよくみられるがんですが、黒色腫以外の皮膚がんについては報告が義務づけられておらず、その他の種類の発生頻度については、あまり明確ではありません。このため、皮膚がんの数値は不完全なもので、皮膚がん全体が統計から除外されています。

がんの専門用語

がんについての話し合いでは以下の用語がよく使われます。

  • 侵攻性:腫瘍の増殖と広がりの程度(または速さ)。

  • 退形成性:がん細胞に分化がみられないこと。つまり、同じ組織型の正常な細胞と外観が異なる。退形成性のがんは通常、極めて進行が速い。

  • 良性:がんではないということ。良性腫瘍は、周辺の組織に直接広がったり(浸潤)、血流やリンパ系を介して離れた部位に広がったり(転移)することがない。ただし、良性腫瘍がその場で増殖し続け、周辺の組織を圧迫することで問題を引き起こすことがある。

  • 発がん物質:がんを引き起こす物質。

  • 上皮内がん:がん細胞が最初に発生した組織の中にとどまっていて、周囲の正常組織に直接広がったり(浸潤)、離れた部位に広がったり(転移)していない状態。

  • 治癒:がんが完全に取り除かれ、再発するおそれがないこと。

  • 分化度:がん細胞がどの程度成熟し、増殖を停止し、正常な細胞機能を獲得して、急速に分裂している原始的な細胞に見えなくなっているかを示す。

  • 悪性度:顕微鏡でがん細胞の外観が異常に見える程度で、異常に見えるほど進行が速い。

  • 浸潤性:がんが増殖して周囲の組織に入り込み、破壊する能力。

  • 悪性:がん細胞が周囲の組織に直接広がったり(浸潤)、離れた部位に広がったり(転移)する能力をもっているということ。

  • 悪性形質転換:健康な細胞からがん細胞が発生する複雑なプロセスのこと。

  • 転移:がん細胞がまったく別の部位に広がること。

  • 新生物:腫瘍を総称する用語で、悪性のものと良性のものの両方が含まれる。

  • 再発(再燃):がん細胞が治療後に原発部位または転移部位に再び生じること。

  • 寛解:治療後にがんの徴候が一切みられなくなることであるが、体内にがんが残っている可能性がある。

  • 病期:がんの広がりの程度。

  • 生存率:治療後に一定期間が経過した時点での生存者の割合(パーセント)(例えば、5年生存率は5年間生存した患者の割合)

  • 腫瘍:異常な増殖物や細胞のかたまり。

知っていますか?

  • 単語の末尾に「~腫(-oma)」がつく場合、その単語は腫れまたは腫瘍を意味します。単語の最初の部分は、その腫れや腫瘍がどの組織で構成されているかを示しています。例えば「髄膜腫(meningioma)」は、脳や脊髄を覆う髄膜(meninges)に発生した腫瘍です。多くの腫瘍の名前が「~腫(-oma)」で終わりますが、「~腫」で終わるものすべてが腫瘍であるわけではありません。血腫(hematoma)は、血(heme)がたまることによって生じる腫れです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP