Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ヘモジデリン沈着症

執筆者:

James Peter Adam Hamilton

, MD, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ヘモジデリン沈着症とは、組織中にヘモジデリンと呼ばれる鉄の沈着が起こり、それが過剰に蓄積することを指して使われる用語です。

ヘモジデリン沈着症が起こる部位として多いのは肺や腎臓です。ヘモジデリン沈着症の原因には以下のものがあります。

  • 組織への直接出血後、赤血球が分解されて組織内に鉄が放出される

  • 血管内で赤血球が破壊されることによって血液中に鉄が放出され、腎臓で血液の老廃物がろ過される際に腎臓内に鉄が蓄積する

鉄過剰症の概要も参照のこと。)

鉄の沈着によって臓器が障害されることがあります。障害の程度は、臓器内に鉄が沈着した量によって決まります。まったく障害を受けない場合もあれば、ある程度の障害を受ける場合もあります。出血と赤血球破壊を原因とするヘモジデリン沈着症の場合、治療は通常必要ありません。

ある臓器内で出血すると(例えば特定の種類の肺疾患がある患者の肺でみられるように)、その臓器内に血球由来の鉄が残ることがよくあります。肺に残っている鉄の量に応じて、まったく問題が起きないこともあれば、肺に様々な程度の障害が生じることもあります。

血管内で赤血球の過剰な破壊を引き起こす病気(溶血性貧血など)では、赤血球から放出された鉄が腎臓内に蓄積することがあります(腎ヘモジデローシス)。腎ヘモジデローシスはほとんどの場合、腎障害を引き起こすことはありません。

ヘモジデリン沈着症は、過剰な鉄の吸収によって起こることもありますが、その場合はヘモクロマトーシスと呼ばれます。ヘモクロマトーシスではより多くの場合で治療が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP