Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

血液の病気の概要

執筆者:

David J. Kuter

, MD, DPhil, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

血液に生じる病気は、血液疾患または血液学的疾患と呼ばれます。多くの血液疾患があり、血液中の細胞(血球)の量や機能が変化したり、血液凝固系または免疫系で働くタンパク質が影響を受けたりすることがあります。

以下の血液疾患では、血球数が減少します。

以下のように血球数が増加する血液疾患もあります。

その他に、以下のような血球または血漿(血液の液体部分)中のタンパク質に影響を与える血液疾患もあります。

血液は全身を流れて各細胞に達しており、身体のすべての臓器の健全性や機能に重要です。血球と血液中のタンパク質は、以下の機能を果たしています。

  • 赤血球にはヘモグロビンが含まれており、ヘモグロビンは、身体の各部分に酸素を運びます。

  • 白血球と抗体は、感染やがんを排除する役割を果たしています。

  • 血小板と血液凝固因子は、出血を止めたり、出血しないように防止したりします。

血液疾患では、上に述べた機能が損なわれることによって症状が現れ、有害な影響を受けた組織や臓器に症状がみられます。

医師は、症状について尋ね、身体診察を行います。しかし、多くの場合は、医師が一般検診時に一式の検査を行う際や、身体の不調を訴える人の検査を行う際に、血算(CBC)などの血液検査を実施することで、はじめて血液疾患が発見されます。通常は血液疾患の診断を下すために、さらなる血液検査を行う必要があります。また、骨髄生検が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP