Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

血液の病気に関する病歴聴取と身体診察

執筆者:

David J. Kuter

, MD, DPhil, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

医師は最初に病歴を聴取します( 症状 血液疾患の症状 血液疾患では、ほぼすべての身体部位に様々な症状が現れる可能性があります。最も一般的には、血液成分の減少により症状が生じます。 赤血球とヘモグロビンが減少すると、疲労、脱力感、息切れなどの貧血の症状が現れることがあります。 白血球や免疫系のタンパク質が減少すると、発熱や感染症が繰り返し起こることがあります。 血小板や血液凝固因子が減少すると、異常な出血やあざ(皮下出血)がみられることがあります。... さらに読む や職業上またはその他の曝露状況、家族の情報について尋ねます)。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察の所見は、どの 臨床検査 血液疾患に対する臨床検査 医師は、症状と身体診察の結果に基づいて血液疾患の診断に役立つ検査を選択します。症状が認められず、別の理由で臨床検査を実施した際に、血液疾患が発見されることがあります。例えば、定期的な健診の一部として実施した血算により貧血が明らかになることがあります。血液疾患が疑われる場合は、具体的な診断を行うために、血算やその他の検査を行う必要があります。 最も多く行われる血液検査は、血算(CBC)です。血算では、血液中のすべての血球成分(赤血球、白血... さらに読む が必要かを医師が判断するのに役立ちます。

病歴聴取

医師は、出現しうる多種多様な症状に基づいて血液疾患を疑います。さらに、病歴に特定の要因があれば、血液疾患のリスクがあることが分かります。いくつかの例を以下に示します。

身体診察

身体診察では、血液疾患に関係する可能性のある特定の身体所見がないかを調べます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP