Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

リンパ球増多症

執筆者:

Mary Territo

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

リンパ球には、以下の3種類があります。

  • B細胞(Bリンパ球)

  • T細胞(Tリンパ球)

  • ナチュラルキラー細胞

3種類のリンパ球はいずれも感染やがんに反応して増加することがあります。しかし、場合によっては特定の種類のリンパ球のみが増加することがあります。

リンパ球が増加する最も一般的な原因は以下のものです。

結核 結核 結核は、空気感染する細菌である結核菌 Mycobacterium tuberculosisによって引き起こされる、感染力の強い慢性感染症です。通常は肺が侵されます。 結核に感染するのは、主に活動性結核の患者によって汚染された空気を吸い込んだ場合です。 最もよくみられる症状はせきですが、発熱や寝汗、体重減少、体調不良を感じることもあります。... さらに読む 結核 などの細菌感染でもリンパ球が増えます。リンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は抗体を産生... さらに読む リンパ腫の概要 、急性または慢性のリンパ性白血病 白血病の概要 白血病は、白血球または成熟して白血球になる細胞のがんです。 白血球は骨髄の幹細胞から成長した細胞です。ときには成長がうまくいかずに、染色体の一部の並びが変化してしまうことがあります。こうして異常となった染色体により正常な細胞分裂の制御が失われ、この染色体異常がある細胞が無制限に増殖するようになったり、細胞がアポトーシス(不要になった細胞が... さらに読む などの特定の種類のがんでは、リンパ球の数が増加することがあり、その原因の1つは、未熟なリンパ球(リンパ芽球)またはリンパ腫細胞が血液中に放出されることによるものです。バセドウ病(グレーブス病)やクローン病という病気でも、血液中のリンパ球の数が増加することがあります。

リンパ球の数が増加しても、通常は何の症状も現れません。しかし、リンパ腫や特定の白血病では、リンパ球の増加によって発熱、寝汗、体重減少がみられることがあります。また、リンパ球の増加自体による症状というよりは、増加の原因になっている感染などの病気による症状がみられる場合もあります。

感染が疑われる場合は、血液検査を行います。リンパ球数が増加していることが明らかになった場合は、血液を顕微鏡で観察し、血液中のリンパ球が(ウイルス感染に反応して発生した場合と同じように)活性化しているかや、そのリンパ球が(特定の白血病やリンパ腫でみられる場合と同じように)未熟または異常かを調べます。血液検査で特定の種類のリンパ球(T細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞)が増加していることが明らかになれば、原因になっている病気の診断に役立つこともあります。

リンパ球増多症の治療は、その原因によって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP