Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

単純性紫斑病

執筆者:

David J. Kuter

, MD, DPhil, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

単純性紫斑病は、もろくなった血管のためにあざが増える病気です。

単純性紫斑病は非常に多くみられます。原因は不明です。多くの疾患の特徴の1つであると考えている医師もいれば、正常な変化の1つであると考えている医師もいます。

低体重、コルチコステロイドの使用歴、日光にさらされることによって単純性紫斑病のリスクが上昇します。

高齢者では、皮下出血も多くみられることがあります(老人性紫斑病)。

通常は女性にみられます。けがが確認されていなくても、太もも、殿部、上腕にあざができます。家族にあざができやすい人がいる場合もあります。しばしば血液検査が行われますが、異常は発見されません。

この病気は重篤なものではなく、治療の必要はありません。ときにアスピリンの服用を避けるように医師から勧められることがありますが、アスピリンを回避することで、あざが減少するという証拠はありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP