Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

バーキットリンパ腫

(Burkittリンパ腫)

執筆者:

Thomas E. Witzig

, MD, Mayo Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

リンパ腫は、リンパ球 獲得免疫 獲得免疫(特異免疫)は、生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得されるものです。獲得のプロセスは、免疫系が異物に遭遇して、非自己の物質(抗原)であることを認識したときに始まります。そして、獲得免疫を構成する要素が、それぞれの抗原について最良の攻撃方法を学習し、抗原を記憶していきます。獲得免疫が特異免疫とも呼ばれているのは、過去に遭遇した抗原に対し、それぞれに応じた(特異的な)攻撃をするからです。その優れたところは、学習し、適応し、記... さらに読む 獲得免疫 と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです(リンパ腫の概要 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は抗体を産生... さらに読む リンパ腫の概要 も参照)。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は抗体を産生します。

バーキットリンパ腫は、年齢層にかかわらず発生する可能性がありますが、小児や若年の成人に最もよくみられ、特に男性に多く発生します。他のリンパ腫とは異なり、バーキットリンパ腫では地理的な発生分布に特徴があり、中央アフリカに最も多くみられ、米国ではまれです。バーキットリンパ腫にはエプスタイン-バーウイルス 伝染性単核球症 エプスタイン-バーウイルスは、伝染性単核球症をはじめ、いくつかの病気を引き起こします。 このウイルスはキスを介して広がります。 症状は様々ですが、最も多いのは極度の疲労感、発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れです。 血液検査を行って診断を確定します。 アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は発熱と痛みを和らげます。 さらに読む 伝染性単核球症 の感染が関係しています。この病気もHIV感染症 ヒト免疫不全ウイルス (HIV)感染症 さらに読む の人に多くみられます。

バーキットリンパ腫は急速に増殖して広がり、骨髄、血液、中枢神経系への浸潤もよくみられます。リンパ腫が広がると、脱力感や疲労感がよく現れます。腹部のリンパ節 リンパ系の概要 リンパ系は、胸腺、骨髄、脾臓、扁桃、虫垂、小腸内のパイエル板とともに、免疫系を構成する重要な部分です。 静脈系と同様に、リンパ系も全身にわたる体液の流れの経路です。リンパ系は以下の要素で構成されています。 壁の薄いリンパ管 リンパ節 2つの集合管 さらに読む リンパ系の概要 や臓器の内部に多数のリンパ腫細胞が集まって、腫れが生じることがあります。リンパ腫細胞が小腸に浸潤して、閉塞や出血が起きることがあります。首やあごが腫れることがあり、痛みを伴う場合もあります。診断を下すためには、異常組織の生検やその他の検査を行って、病期を判定します。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP