Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

高リン血症(血液中のリン濃度が高いこと)

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

高リン血症とは、血液中のリン濃度が非常に高い状態です。

電解質の概要体内でのリンの役割の概要も参照のこと。)

リンは体内に存在する電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びるミネラルですが、体内のリンの大半は電荷を帯びていません。

重度の腎機能障害でない限り、高リン血症はまれにしか発生しません。重度の腎機能障害がある場合、腎臓からリンを十分に排出することができません。腎機能低下の治療によく用いられる透析も、リンの除去についてはあまり効果的ではなく、高リン血症のリスクを減らすことができません。

あまり多くはないものの、次のような人でも高リン血症が発生することがあります。

  • 副甲状腺ホルモンの値が低い(副甲状腺機能低下症)

  • 副甲状腺ホルモンの値は正常であるにもかかわらず、このホルモンへの反応が欠如している(偽性副甲状腺機能低下症)

  • 挫滅損傷

  • 筋肉組織の破壊(横紋筋融解症)

  • 全身の重症感染症(敗血症

  • 経口または浣腸による大量のリンの投与

症状

高リン血症になっても、大半の人では症状が現れません。しかし、重度の腎機能障害の人では、 カルシウムとリンが結合し、血液中の カルシウム濃度が低下します(低カルシウム血症と呼ばれる病態)。 カルシウム濃度が低下すると、強い痛みを伴う筋肉のけいれんやれん縮が起こるだけでなく、副甲状腺ホルモンが増加して、骨がもろくなるなどの問題が生じます。

また、 カルシウムとリンが結合すると、血管の内壁などの組織でこれらの結晶が形成(石灰化)されます。それによって重度の動脈硬化(動脈が硬くなること)が発生し、脳卒中、心臓発作、循環障害につながる場合があります。

結晶は皮膚でも形成され、激しいかゆみを生じます。

診断

  • 血液中のリン濃度の測定

血液検査でリン濃度が高ければ、高リン血症の診断が下されます。

治療

  • リンの少ない食事

  • リンの排泄量を増加させる薬

腎機能に障害がある場合は、リンの摂取量を減らし、消化管でのリンの吸収量を減らすことで高リン血症を治療します。リンを多く含む食物(牛乳、卵黄、チョコレート、ソフトドリンクなど)は避ける必要があります。

医師の処方に基づいて、セベラマー、ランタン、 カルシウム化合物など、リンに結合する薬剤を食事と一緒に服用します。これらの薬剤はリンを吸収されにくくするとともに、リンの排出を促進します。 カルシウム化合物は組織内で カルシウムとリンの結晶をつくりやすいため、透析を受けている人にはセベラマーやランタンがよく使用されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP