Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

高マグネシウム血症(血液中のマグネシウム濃度が高い状態)

執筆者:

James L. Lewis III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

医学的にレビューされた 2020年 4月
プロフェッショナル版を見る

高マグネシウム血症とは、血液中のマグネシウム濃度が非常に高い状態をいいます。

マグネシウムは体内に存在する 電解質 電解質の概要 人の体内の水分量は体重の2分の1をはるかに上回ります。体内の水分は様々な空間(体液コンパートメントと呼ばれています)に制限されて存在していると考えられています。主に次の3つのコンパートメントがあります。 細胞内の体液 細胞の周囲の体液 血液 体が正常に機能するには、これらの各領域で体液量が偏らないようにする必要があります。 さらに読む の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びる ミネラル ミネラルの概要 体の細胞が正常に機能するには、ミネラルが必要です。体は、以下のものを比較的大量に必要とします。 カルシウム 塩化物 マグネシウム リン さらに読む ですが、体内の大半のマグネシウムは電荷を帯びておらず、タンパク質と結合しているか、骨に蓄えられています。骨には体内の マグネシウム 体内でのマグネシウムの役割の概要 マグネシウムは体内に存在する 電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びる ミネラルですが、体内の大半のマグネシウムは電荷を帯びておらず、タンパク質と結合しているか、骨に蓄えられています。( 電解質の概要も参照のこと。) 体内に存在するマグネシウムの約半分は骨に含まれています。血液中に含まれる量は微量です。マグネシウムは骨や歯の形成および、神経や筋肉の正常な機能に欠かせません。体内の様々な酵素も、マグネシウムがないと正常に... さらに読む のほとんどが含まれています。血液中に含まれるマグネシウムの量は微量です。

高マグネシウム血症では以下が引き起こされる可能性があります。

  • 筋力低下

  • 低血圧

  • 呼吸障害

重症の場合、心停止が起こることもあります。

血液検査でマグネシウム濃度が高ければ、高マグネシウム血症の診断が下されます。

治療

  • グルコン酸カルシウム

  • 利尿薬

重度の高マグネシウム血症の患者には、グルコン酸カルシウムが静脈内投与されます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP