Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群は、特定の不適切な状況下での下垂体による抗利尿ホルモン(バソプレシン)の放出量が多すぎることで発生し、これにより体液が保持され、ナトリウムの濃度が希釈されて低下します。

バソプレシン(抗利尿ホルモン)は、腎臓から排泄される水分量を制御することで体内の水分量を調節しています。 バソプレシンは腎臓から排泄される水分量を減少させます。その結果、体内により多くの水分が保持され、体内のナトリウム濃度が薄まります。血液中のナトリウム濃度が低いことを低ナトリウム血症といいます。

血液量または血圧が低下するか、ナトリウムなどの電解質の濃度が高くなりすぎると、下垂体により バソプレシンが適切に産生され放出されます。

バソプレシンの分泌が以下の場合に起こると不適切と表現されます。

  • 血液量が正常か多い

  • 血圧が正常か高い

  • バソプレシン放出のその他の適切な理由がない

こうした状況で バソプレシンが放出されると、体内の水分が過剰に保持され、血液中のナトリウム濃度が下がります。

原因

SIADHの発生リスクを高める条件には様々なものがあります。SIADHは、肺がんや他のがんにより、下垂体以外で バソプレシンがつくられる場合に起こることもあります。SIADHは高齢者によくみられ、入院患者では特によく発生します。

SIADHには考えられる原因が多数あり、原因を明らかにするには一般的に追加の検査が必要になります。

icon

SIADHの原因

病気の種類

脳または神経系の病気

脳膿瘍(のうのうよう)

脳を覆う組織層内での出血

脳炎(脳の炎症)

頭部外傷

視床下部の腫瘍などの病気(まれ)

腫瘍

急性呼吸不全

がん

脳腫瘍

小腸のがん

その他

手術

低栄養

SIADH = 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群。

症状

SIADHの症状は、付随して生じる低ナトリウム血症(血液中のナトリウム濃度が低くなること)の症状に関連する傾向があります。症状には、反応の鈍化や錯乱などがあります。

診断

  • 血液と尿の検査

医師は、患者の環境と症状に基づいてSIADHを疑います。

血液検査と尿検査を行ってナトリウムとカリウムの濃度を測定し、血液と尿の濃縮度(浸透圧)を判定します。さらに、 バソプレシンの過剰分泌を引き起こしうる他の要因(痛み、ストレス、薬剤、がんなど)を検討し、それらが原因でないことを確認します。

SIADHの診断がつけば、医師はさらに原因の特定を試みます。原因が分かればそれに対処し、ナトリウム濃度がゆっくり正常値に戻るようにします。

治療

  • 水分摂取の制限

水分摂取を制限し、可能であれば原因を治療します。SIADHでは低ナトリウム血症の治療が長期にわたり必要となります。

ときに、ナトリウム濃度が非常に高い溶液(高張食塩水)を静脈内に投与します(輸液)。血液中のナトリウム濃度が急激に上昇するのを避けるため、治療は慎重に行われます。

水分摂取を制限しても血液中のナトリウム濃度が変化しないかさらに下がる場合は、デメチルクロルテトラサイクリン(demeclocycline)やリチウムなどの腎臓での バソプレシンの作用を抑える薬が処方されるか、またはコニバプタンやトルバプタンといった バソプレシン受容体を遮断して腎臓がバソプレシンに反応するのを妨げる働きのある薬が処方されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP