Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

執筆者:

James L. Lewis III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

医学的にレビューされた 2020年 4月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群は、特定の不適切な状況下での下垂体による抗利尿ホルモン(バソプレシン)の放出量が多すぎることで発生し、これにより体液が保持され、血中のナトリウムの濃度が希釈されて低下します。

血液量または血圧が低下するか、ナトリウムなどの電解質の濃度が高くなりすぎると、下垂体によりバソプレシンが適切に産生され放出されます。

バソプレシンの分泌が以下の場合に起こると不適切と表現されます。

こうした状況でバソプレシンが放出されると、体内の水分が過剰に保持され、血液中のナトリウム濃度が下がります。

原因

SIADHの発生リスクを高める条件には様々なものがあります。SIADHは、肺がんや他のがんにより、下垂体以外でバソプレシンがつくられる場合に起こることもあります。SIADHは高齢者によくみられ、入院患者では特によく発生します。

SIADHには考えられる原因が多数あり、原因を明らかにするには一般的に追加の検査が必要になります。

症状

診断

  • 血液と尿の検査

医師は、患者の環境と症状に基づいてSIADHを疑います。

血液検査と尿検査を行ってナトリウムとカリウムの濃度を測定し、血液と尿の濃縮度(浸透圧)を判定します。さらに、バソプレシンの過剰分泌を引き起こしうる他の要因(痛み、ストレス、薬剤、がんなど)を検討し、それらが原因でないことを確認します。

SIADHの診断がつけば、医師はさらに原因の特定を試みます。原因が分かればそれに対処し、ナトリウム濃度がゆっくり正常値に戻るようにします。

治療

  • 水分摂取の制限

ときに、ナトリウム濃度が非常に高い溶液(高張食塩水)を静脈内に投与します(輸液)。血液中のナトリウム濃度が急激に上昇するのを避けるため、治療は慎重に行われます。

水分摂取を制限しても血液中のナトリウム濃度が変化しないかさらに下がる場合は、デメチルクロルテトラサイクリンやリチウムなどの腎臓でのバソプレシンの作用を抑える薬が処方されるか、またはコニバプタンやトルバプタンといったバソプレシン受容体を遮断して腎臓がバソプレシンに反応するのを妨げる働きのある薬が処方されます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP