Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

体内でのリンの役割の概要

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

リンは体内で重要な役割を担う元素です。体内にあるリンはほとんどすべて酸素と結合し、リン酸を形成しています。リンは体内に存在する電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びるミネラルですが、体内のリンの大半は電荷を帯びていません。(電解質の概要も参照のこと。)

体内に存在するリンの約85%が骨に含まれています。残りは主に細胞の中にあり、エネルギー産成にかかわっています。

リンは骨や歯の形成に欠かせない物質です。また、細胞がエネルギーをつくるのに使う物質や、細胞膜、DNA(デオキシリボ核酸)など、いくつかの重要な物質の構成要素でもあります。

リンは食物から摂取され、尿中やときに便中に排出されます。どれぐらいの量が便中に排出されるかは、食べものからどれぐらいの量が吸収されないかによって決まります。リンを多く含む食物として、牛乳、卵黄、チョコレート、ソフトドリンクなどがあります。

血液中のリン濃度は以下の場合があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP