Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

体内でのマグネシウムの役割の概要

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

マグネシウムは体内に存在する電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びるミネラルですが、体内の大半のマグネシウムは電荷を帯びておらず、タンパク質と結合しているか、骨に蓄えられています。(電解質の概要も参照のこと。)

体内に存在するマグネシウムの約半分は骨に含まれています。血液中に含まれる量は微量です。マグネシウムは骨や歯の形成および、神経や筋肉の正常な機能に欠かせません。体内の様々な酵素も、マグネシウムがないと正常に機能しません。マグネシウムはカルシウムの代謝カリウムの代謝にも関連しています。

血液中のマグネシウムの濃度は食べものから体がどのようにマグネシウムを吸収して尿中や便中に排泄するかに大きく依存し、次に体内に蓄えられているマグネシウムの量に依存しています。血液中のマグネシウムの濃度は以下の状態になりえます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP