Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

体内でのカルシウムの役割の概要

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

カルシウムは体内に存在する電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びるミネラルですが、体内のほとんどのカルシウムは電荷を帯びていません。(電解質の概要も参照のこと。)

体の カルシウム の99%は骨に蓄えられていますが、細胞(特に筋肉細胞)や血液中にもあります。 カルシウムは以下の働きや過程に不可欠です。

  • 骨と歯の形成

  • 筋収縮

  • 多くの酵素が正常に機能すること

  • 血液の凝固

  • 正常な心拍リズムの維持

体内では細胞内や血液中の カルシウムの量が厳密に制御されています。血液中の カルシウム濃度を一定に保つために、 カルシウムは必要に応じて骨から血液中に移動します。十分な カルシウムを摂取していないと、骨の カルシウムが大量に動員されて骨が弱くなり、骨粗しょう症になることがあります。骨を弱体化させずに正常な血中 カルシウム濃度を維持するためには、1日に少なくとも1000~1500mgの カルシウムを摂取する必要があります。

血液中の カルシウム濃度は、主に以下の2つのホルモンによって調整されています。

  • 副甲状腺ホルモン

  • カルシトニン

副甲状腺ホルモンは、首の甲状腺の裏にある4つの副甲状腺でつくられます。血液中の カルシウム濃度が低下すると、副甲状腺でつくられる副甲状腺ホルモンの量が増加します。反対に、血液中の カルシウム濃度が上昇すると、副甲状腺でつくられるホルモンの量は減少します。副甲状腺ホルモンには以下の働きがあります。

  • 骨を刺激して血液中に カルシウムを放出させる

  • 腎臓から尿中に排出される カルシウムの量を減らす

  • 消化管を刺激して カルシウムの吸収量を増やす

  • 腎臓で ビタミンDの活性化を促すことで、消化管での カルシウム吸収量を増やす

カルシトニンは甲状腺の細胞でつくられます。このホルモンには骨の分解を遅らせることで血液中の カルシウム濃度を下げる働きがありますが、影響はわずかです。

血液中の カルシウムの量が少なすぎる状態を低カルシウム血症と呼びます。血液中の カルシウムが多い状態を高カルシウム血症と呼びます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP