Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

低リン血症(血液中のリン濃度が低いこと)

執筆者:

James L. Lewis, III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

低リン血症とは、血液中のリン濃度が非常に低い状態をいいます。

電解質の概要体内でのリンの役割の概要も参照のこと。)

リンは体内に存在する電解質の1つであり、血液などの液体に溶け込むと電荷を帯びるミネラルですが、体内のリンの大半は電荷を帯びていません。

低リン血症は以下の場合があります。

  • 急性

  • 慢性

急性低リン血症

急性低リン血症では、血液中のリン濃度が危険なレベルにまで急に低下します。特定の病気から回復する際に体は大量のリンを消費するため、以下のような病態から回復しつつある人で急性低リン血症が発生する可能性があります。

リンの濃度が突然低下すると、不整脈が発生し、死に至ることがあります。

慢性低リン血症

慢性低リン血症では、血液中のリン濃度が時間をかけて低下します。慢性の低リン血症は、通常、リンの排出量が過剰になることで起こります。原因としては以下のものがあります。

  • 慢性下痢

  • 利尿薬の長期使用

  • 大量のアルミニウム制酸薬の長期使用

  • 大量のテオフィリンの使用(喘息治療に使用)

知っていますか?

  • 強制収容所の生存者の中には、すでにリン濃度が低くなっている状態で普通の食事をとったために、急激にリン濃度が下がり亡くなった人がいました。この現象はリフィーディング症候群と呼ばれています。

症状

低リン血症の症状が現れるのは、血液中のリン濃度が極端に低下した場合に限られます。筋力低下が生じ、昏迷から昏睡へ進行し、死に至ります。

軽度の慢性低リン血症では、骨がもろくなり、骨の痛みや骨折が生じます。筋力低下や食欲の低下もみられます。

診断

  • 血液中のリン濃度の測定

血液検査で血液中のリン濃度が低下していることが示されれば低リン血症の診断が下されます。原因が明らかでない場合は、原因を特定するために他の検査を行います。

治療

  • リンの摂取量を増やす

リン濃度を下げる可能性がある薬剤の使用はすべて中止します。

低リン血症が軽度で症状もみられない場合は、低脂肪乳やスキムミルクを飲んで多量のリンを摂取する方法が有効です。もしくは、リン製剤を経口で摂取できますが、この方法はたいてい下痢を起こします。

重度の低リン血症、あるいはリンを経口摂取できないときは、静脈内に投与されることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP