Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

アルカローシス

執筆者:

James L. Lewis III

, MD, Brookwood Baptist Health and Saint Vincent’s Ascension Health, Birmingham

医学的にレビューされた 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る

アルカローシスは血液のアルカリ性度が高くなりすぎた状態で、血液中の重炭酸塩の過剰または血液中の酸の減少が原因で発生する代謝性アルカローシスと、深く速い呼吸により血液中の二酸化炭素濃度が低下して生じる呼吸性アルカローシスとがあります。

  • アルカローシスは、易刺激性、筋肉のひきつり、筋肉のけいれん(強い痛みを伴うこともあります)を引き起こすことがあります。

  • アルカローシスの診断は血液検査により行われます。

  • 代謝性アルカローシスの治療では、水とナトリウムやカリウムなどの無機塩類(電解質)を補充するとともに、原因疾患を是正します。

  • 呼吸性アルカローシスの治療では、原因疾患を是正します。

血液pH

あらゆる溶液(血液も含まれます)の酸性度とアルカリ性度は、0(強酸性)から14(強塩基性または強アルカリ性)までの範囲のpH値で表します。中間のpH7.0が中性です。

正常な血液はわずかに塩基性で、血液のpH値の正常範囲は7.35~7.45の間です。通常、体は血液のpH値を7.40辺りに維持しています。

原因

血液中の重炭酸塩が過剰になったり、血液中から酸が失われたり、血液中の二酸化炭素濃度が低下したりして、体の 酸塩基調節系 酸塩基平衡の調節 酸性度とアルカリ性度は、血液の重要な特性の1つです。血液を含むあらゆる溶液の酸性度やアルカリ性度は、pH値で表します。pH値は、0(強酸性)から14(強塩基性または強アルカリ性)までの範囲で表します。中間のpH7.0が中性です。正常な血液はわずかに塩基性で、血液のpH値の正常範囲はおよそ7... さらに読む で対処できなくなると、血液がアルカリ性になります。アルカローシスは、主な原因に応じて以下の種類に分類されます。

  • 代謝性

  • 呼吸器

代謝性アルカローシス

代謝性アルカローシスは、体が次の状態にあるときに起こります。

  • 酸の喪失量が多すぎる

  • 入ってくる塩基の量が多すぎる

例えば、嘔吐が続く状況や、病院で胃チューブを使って胃酸を吸引した場合には、胃酸が失われます。

まれに、重曹(じゅうそう、重炭酸ナトリウム)などの物質に含まれる多量の塩基を摂取した場合に、代謝性アルカローシスが発生します。

また、水分や電解質(ナトリウムやカリウムなど)が多量に失われ、腎臓で血液の酸塩基平衡を維持できなくなって、代謝性アルカローシスが発生することもあります。例えば、 副腎の機能亢進 アルドステロン症 アルドステロン症は、アルドステロンの過剰産生が原因で、体液貯留による血圧の上昇、脱力感、まれに周期的な麻痺が起きる病気です。 アルドステロン症は、副腎の腫瘍が原因で発生したり、いくつかの病気に対する反応として発生したりします。 アルドステロン値が高いと高血圧とカリウム濃度の低下が起こります。カリウム値が低いと、脱力感、チクチク感、筋肉のけいれん、一時的な麻痺が生じることがあります。... さらに読む や利尿薬(例えば、サイアザイド系、フロセミド、エタクリン酸など)の使用により、多量のカリウムが失われると、代謝性アルカローシスが発生する場合があります。

呼吸性アルカローシス

呼吸性アルカローシスは次のようなときに起こります。

  • 深く速い呼吸(過呼吸)により多量の二酸化炭素が血流から放出されるとき

過呼吸と呼吸性アルカローシスの原因として最もよくみられるのは 不安 不安症の概要 不安は誰もが普通に経験する神経質、心配、困惑の感情です。不安は幅広い精神障害、例えば全般不安症、パニック症、恐怖症などでもみられます。このような障害はそれぞれ別のものですが、いずれも特に不安と恐怖に関連した苦痛と日常生活への支障を特徴としています。 不安に加え、患者が息切れ、めまい、発汗、心拍数の上昇、ふるえなどの身体症状を経験することも... さらに読む です。その他の原因には、痛み、血液中の酸素レベルの低下、発熱、アスピリンの過剰摂取(代謝性 アシドーシス アシドーシス アシドーシスには、酸の産生過剰による血液中の酸の蓄積または血液中からの重炭酸塩の過剰な喪失が原因で発生する代謝性アシドーシスと、肺機能や呼吸速度が低下し、血液中に二酸化炭素が蓄積して生じる呼吸性アシドーシスとがあります。 血液の酸性度は、酸を含む物質や酸を産生する物質を摂取した場合や、肺から十分な二酸化炭素が排出されない場合に上昇します。 代謝性アシドーシスの人では、吐き気、嘔吐、疲労がよく起こるほか、呼吸が通常より速く、深くなります。... さらに読む も引き起こす)などがあります。

症状

アルカローシスでは以下の症状がみられます。

  • 易刺激性

  • 筋肉のひきつりとけいれん

  • 指先や足先、唇の周りのチクチク感

チクチク感(錯感覚)は、不安による過換気でよくみられる症状です。アルカローシスでは、ときにまったく症状がみられないこともあります。重度のアルカローシスでは、痛みを伴う筋肉のけいれん(テタニー)が生じる場合があります。

診断

  • 血液検査

  • 尿検査

医師は血液のpH、二酸化炭素(酸)と重炭酸塩(塩基)の濃度を測定することで酸塩基平衡を評価します。アルカローシスの原因を詳しく調べるために、医師は血液中と尿中の電解質濃度も測定します。

治療

  • 原因疾患の治療

  • 代謝性アルカローシスでは、水分と電解質の補給

  • 呼吸性アルカローシスでは、必要に応じて酸素補給や不安で過換気になっている人を落ち着かせて安心させる

アルカローシスの治療は、ほぼ必ず原因疾患の是正に向けて行われます。まれに、単に塩酸などの酸を投与するだけで、アルカローシスを是正できることがあります。

代謝性アルカローシスの治療では、通常、水分と電解質(ナトリウムとカリウム)を補充し、同時に原因を治療します。まれですが、非常に重度の代謝性アルカローシスの場合、薄めた酸が静脈に投与されます。

呼吸性アルカローシスで最初に行うことは、十分な酸素を確実に補給することです。次に医師は感染症などの重篤な原因を探します。痛みが原因で呼吸が速くなっている場合は、痛みを和らげることでたいてい治まります。

不安またはパニック発作が原因で呼吸性アルカローシスが起きた場合には、意識的にリラックスして呼吸を遅くすれば解消することがあります。落ち着かせて安心させ、精神的なサポートを行うことが有用で、また、紙袋(ビニール袋は使用しない)を口にかぶせて呼吸すれば、吐いた二酸化炭素をもう一度吸うことになるため、血液中の二酸化炭素濃度が上昇します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP